今井絵理子、息子の現在は?自民党から出馬するも安保法制批判と矛盾

rerg

アイドルグループ、『SPEED』の元メンバーの今井絵理子氏が、2016年夏の参院選比例代表候補の公認を受け立候補を表明しました。
今井絵理子氏の息子さんは、聴覚障碍があることで知られています。
今井絵理子氏を政治へ突き動かすものは何なのでしょうか。





今井絵理子さんの息子さんの聴覚障碍とは

今井 絵理子さんは、1996年誕生のダンスボーカルグループ『SPEED』のメインボーカルとして、一世を風靡しました。

1997年、3rdシングル『Go! Go! Heaven』がオリコン週間ランキング1位を獲得しています。

2004年、20歳の頃に175R(イナゴライダー)のボーカル、SHOGOさんと結婚。

同年10月に男の子を出産、礼夢(らいむ)君と名付けられました。

しかし、礼夢くんは『先天性高度感音性難聴』という病気で、生まれる前から耳が聞こえなかったのです。

今井 絵理子さんは、大変なショックを受け、何日も泣いたと言われています。

しかしその後、必死に生きる礼夢君の姿を見て、

「もう泣くことはやめよう」
「息子に世の中にある素晴らしい世界を伝えたい」

と、立ち直り、手話サークルに通うなどして、礼夢君を立派に育ててきました。

2009年5月には 第2回『ベストマザー賞』を受賞しています。

『イナゴライダー』SHOGOさんとは2007年離婚して以来、疎遠と言われていますが、現在でも交流はあるようです。

 

自民党から出馬するのは息子さんのため?

ftrseg

出典:http://lifepages.jp/

今井絵理子さんが政治家を目指す理由は、ご自身の息子さんが聴覚障害を持ち・・・

 

【障碍者でもより明るい希望を持てる社会づくりをしたい】

【手話をたくさんの方々に広めてほしい】

【聴覚障碍以外にも、様々な障碍がある。その障碍が「障碍」じゃなくなるような環境作りたい】

 

という福祉の想いからと言われています。

手話を交えての記者会見も印象的でした。

今井絵理子さんが、育児をしてきて礼夢君に学んだことは、たくさんあったと言われています。

「焦らず 比べず 諦めず」

今井絵理子さんの座右の銘です。

自民党から出馬するも様々な矛盾が・・

今井絵理子さんは2015年の終戦記念日、8月15日に、このようなツイートをしています。

「今日は8月15日、終戦の日です。テレビでもネットでも戦争のことが流れている。体験者が語る戦争の怖さ、苦しみ、悲しみ。目の前で仲間が死んでいく・・」

「我 が子が戦地にいく、それを想像すると私は生きていけない。
死が怖いことは、まだ生きたいっていうこと。戦争は何があってもいけません。」

「戦争を経験した方で戦争賛成派の方いますか?もしそういう方がいらしたら、どうして賛成なのかを聞きたいです。」

「戦争を経験していない人が賛成というのは どこか説得力がありません。」

「今の日本の流れを見ていると、どこかプチ戦争なら賛成!みたいに感じられるのは私だけでしょうか・・?」

 

このツイートは、調度『安保法制』の議論が大詰めだった頃でしたので、【安保法制を批判したツイート】として拡散され、大変話題となりました。

『安保法制』とは簡単に言うと、【防衛戦争ができない国】から、【防衛戦争ができる国】となれる政策です。


スポンサーリンク

もし今井絵理子さんが自民党から出馬して当選すれば、『安保法制』に賛成の立場を取ることになりえません。

また福祉どころか、そこへの費用を削って軍事費にまわすという、今の思いとは逆の政策に加担することを強いられてしまう可能性もあります。

 

今井絵理子さんはなぜ自分の信条と矛盾するような政党の候補になろうとしているのでしょうか?

 

今井絵理子さんが所属する『ライジングプロダクション』は自民党の谷垣禎一氏と太いパイプがあると言われています。

事務所から今井絵理子さんへなんらかの圧力があった可能性があります。

『ライジングプロダクション』は、バーニング傘下のプロダクションの中でも、政界との関係が根強いと言われる事務所です。

その『ライジングプロダクション』の政界人脈の中でも、もっとも深い関係が囁かれていたのが谷垣氏のかつての先輩である加藤紘一氏です。

谷垣氏はその加藤氏時代からの『ライジングプロダクション』とのパイプを今回、利用したとも考えられています。

 

今井絵理子さんは政治活動への意欲は旺盛と思われますが、信条とは相反する政党への出馬となります。

シングルマザーで、聴覚障碍の息子さんを抱えているのに、仕事があまりない状態でしたので、【やむを得なくの自民党出馬】だったという背景もあるのでは・・とも言われています。

 

まとめ
  • 今井絵理子さんは元アイドルグループ『SPEED』のメインボーカル
    『Go! Go! Heaven』等の大ヒット曲がある
  • 息子さんは生まれつきの聴覚障碍を持っているが 挫けることなく育ててきて『ベストマザー賞』を受賞している
  • 今井絵理子さんは福祉、反戦の想いが強いが、信条とは逆の自民党への出馬となり 複雑な背景がある

今井絵理子さんの政治活動へは大変期待が持てますが、生活が苦しい、または所属事務所の意向という事情もあるようです。
アーティストとしての活動も続けていく方針のようです。
息子さんの障碍にも挫けず、様々な【発信】を続けてきた今井絵理子さんの闘いを今後も応援したいです。

⇒ 清原和博氏の【親友】長渕剛氏も薬物で逮捕か!?

⇒ 清原和博氏は余命10年?糖尿病の恐ろしさとは

⇒『SPEED』と同じライジングプロダクションの『フェアリーズ』解散の危機!?





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です