モンゴル八百長vs貴乃花ガチンコ相撲!ユニオン日馬富士は引退すべき?

藪の中に思われた日馬富士事件ですが、どうやら真相が見えてきたかもしれません。問題なのはビール瓶がどうのとか、貴ノ岩がスマホで彼女と話そうとしたとか、そういうのではなくて、昔からずっとあり続ける【大相撲の闇】【日本の闇】だったのではないでしょうか・・・画像出典:https://mainichi.jp/





注射相撲とは?

 

今回の「日馬富士事件」は事件の現場にいたのがモンゴル人同士だったため、すべてはモンゴル語でやり取りが行われていたのかもしれないですね。

 

全員モンゴル人同士だったということから、日本人には現場のニュアンスが伝わりづらく、話をややこしくしています。

 

ビール瓶で殴られたとか、いやリモコンだったとか、貴ノ岩の彼女からスマホに連絡があったとか、実はそういう問題じゃない!という話になりそうです。

 

要するに八百長相撲もアリとする【大人社会】の日馬富士が、ガチンコ相撲をする【正義感あふれる青臭い若者】、貴ノ岩が気に入らなかったから暴行【可愛がり】に及んだということになるのではないでしょうか。

 

 

「注射(八百長相撲)は嫌だ、師匠の貴乃花親方のように自分はガチンコ相撲で行きます!」という貴ノ岩の【現代相撲の大横綱達】をないがしろにした態度に、日馬富士がブチキレたわけですね。

 

なんだか昔流行ったドラマ「踊る大捜査線」とか思い出しますね。

 

 

 

ちなみに相撲で八百長を「注射」という理由は、

打てば⇒頼めば
効く⇒効果が出る(勝てる)

ということからです。



スポンサーリンク

体がもちません

 

貴ノ岩の師匠、貴乃花親方は現役の頃ガチンコ相撲をやり続けてきたために、若乃花と対立し、現在は八角理事長や相撲協会と対立しています。

 

相撲が完全に【スポーツ】だと、解釈するのならば、貴乃花の言う通りインチキは絶対にいけないということになります。

しかし相撲は本気で毎回闘っていたら、体がぶっ壊れ、命の危険にさらされることでしょう。

ボクシングのように危険なのだと思います。

 

相撲はスポーツであると同時に、神事でもあり興行でもあります。(プロレスのようなところもあるのですね)

 

 

ガチンコ相撲に徹していたしていた貴乃花は体がガタガタでしたし、稀勢の里もガチンコ相撲のため大怪我をして、現在も復帰しきれていません・・。

 

 

これが真相?

 

注射(八百長)相撲は昔からありましたが、千代の富士の時代に全盛となり、それがモンゴル人の力士に受け継がれ、日本人には手に負えなくなっていったようです。

 

モンゴル人力士は、日本の心がわかりませんので、日本での程度や加減がわかりません。

タテマエと本音の加減が日本とモンゴルでは違うのでしょうね。

 

曖昧で、ハッキリさせないところも日本の文化なのだと思います。

 

ですので、日本の心がわからないモンゴル人力士が、【曖昧な注射相撲】をガッツリ掌握してしまい、日本人力士がなかなか勝てないほど強くなってしまった可能性があります。

 

なんかおかしいとは思っていましたが、そういうことだったのでしょうか・・・?

 

貴乃花親方のガチンコ相撲は、フェアプレーであり、本当にズルなしの相撲をお客さんに見せるのであれば、貴乃花親方の姿勢が正しいです。

 

しかしタテマエ一切なしの、本音だけで日本の社会はやっていけるのでしょうか。

 

今回の事件は日本も試され時となりそうですね。

 

海外から笑われない審判が下されることを願いたいものです。。

 

 

今後は・・?

今回の事件でもし日馬富士が引退ということにならなれば、同じく暴行事件を起こした朝青龍の引退もおかしいということにもなるかと思います。

 

大相撲はまたもや存続のピンチに立たされました。

 

ガチンコ相撲と、注射(八百長)相撲、どっちが正しいのでしょうか。

それともどっちもなければならないのでしょうか。

 

雰囲気とか、塩梅とか、その時の空気を読んでやっていくものなのでしょうかね・・・

 

今後の進展を見守りたいと思います。

 

では、お読み頂きありがとうございました。これにて失礼いたします。

⇒ 白鵬、日馬富士 先輩後輩など上下関係は?モンゴル互助会は仲が良い?

 





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です