マツコデラックス入院!事務所の対応や、くりぃむしちゅーにも感謝!

マツコ・デラックスさんが、三半規管に菌が入り腫れ、体調を崩したことにより11月10日に入院しました。すでの回復してきていているようですが、所属事務所の『ナチュラルエイト』は大事をとって一週間くらい休ませる方針のようです・・・





マツコさん入院

 

マツコ・デラックスさんは風邪気味だったところに、三半規管に菌が入り、立つとめまいがするなどの症状があったため、所属事務所の『ナチュラルエイト』は大事をとって入院という措置をとりました。

 

脳検査なども行いましたが異常はなく、現在は一日1回の点滴と、3食の際に薬を飲んで治療中のようですが、食欲もあり大変元気なようです。

 

マツコさんは現在、8本のレギュラー番組を抱えている超売れっ子で、芸能界でブレイクしてからは連休したことはほとんどなく、2017年に夏休みを10日間とったがはじめてだったのだそうです。

 

しかしお盆を挟んでの10日間だったそうで、どこへも行かずに過ごしていたのだとか。

事務所側は、いろいろと多忙で疲れもたまっていたようなので1週間は休ませたいとのことですが、当のマツコさん自身はそれほど休みをほしいとは思っていないようです・・。

 



スポンサーリンク

その理由とは

 

マツコ・デラックスさんはゲイ雑誌で編集者をしていた頃、人間関係がうまくいかずに退社してしばらく引きこもり生活をしていたことがあります。

 

女装が唯一の趣味だったと語るマツコさんは、現在テレビ番組を収録してる時とか、スタッフの人と、あーでもないこーでもないとお喋りをしている時が一番幸せなのだそうです。

 

「だって、みんな私と話してくれる。」

「自分を作り上げたものの8割くらいは、テレビだと思っている。」

 

など、孤独な時間が長かったマツコさんらしいテレビへの感謝の発言が今までにいくつもあります。

 

個人的にマツコ・デラックスさんをはじめてテレビで見始めた頃の衝撃がすごかったのは今でも思い出されますね。

 

このやたらビッグなおばさん(いや、おじさん?)は誰なんだろう?

なんでテレビに出ていいたい放題言っているんだろう?と、それはそれはインパクトがあったものです。

 

しかしあれよあれよのうちに、マツコ・デラックスさんのテレビ出演はどんどん多くなり、いまやプライムタイムになくてはならない顔となりました。

 

事務所との関係が良い

 

もともとはテレビでそんなに活動する気もなく、できないと思っていたマツコ・デラックスさんでしたが、くりぃむしちゅーの番組に出演したのがきっかけで、マネージャーの大橋由佳さんに出会いました。

大橋由佳さんは、くりぃむしちゅーには“ババア”の愛称で親しまれていました。

 

ババアとはなんとも失礼なのですが、上田さん達らしいというか・・・

大橋由佳さんがそれでいいと思われているのならそれでとても良い関係なのでしょう(^^;

 

そして大橋由佳さんが独立して『ナチュラルエイト』を設立した時に、マツコ・デラックスさんもそこに乗っかるように所属しました。

 

マツコさんによると『ナチュラルエイト』に入れたのは本当にタイミングが良かったためだそうです。

 

もしあのタイミングで会えていなかったら絶対今のマツコデラックスにはなっていないと何度となく語っていて、大橋由佳さんとくりぃむしちゅーには本当に感謝しているようですね(*^^*)

 

 

おしまいに

マツコ・デラックスさんの幸せは、スタッフたちとの触れ合いや事務所との良好な関係の中でテレビを作っていくことにあるようですね。

常々「休日に何をしていいか分からないから仕事を入れてちょうだい!」と言っているほど仕事が充実しているマツコさん。

 

でも体を壊してしまってはテレビに出られなくなってしまいますので、健康には気をつけてほしいですね。

とは言ってもあの巨漢なので心配ではありますが・・・

そろそろ食事とか気をつけるべきなんでしょうけど、あの姿だからこそ【テレビ映え】するのでしょうから難しいところですね。。

 

☆最後までお読み頂きありがとうございました。





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です