大宮エリー別宅の真相に新登場!手紙は捏造で自作自演?筆跡が違う!?


松居一代さんが7月13日、新たな動画を公開しましたね。
その名も「別宅の真相」第1話。
この動画には船越英一郎さんが別宅をつくる要因となった「大宮エリーさん」という人物が登場します。
一体どんな方なんでしょうか。画像出典:https://twitter.com/





新動画「別宅の真相」

 

松居一代さんが新たな手を打ってきました。

今回の動画、「別宅の真相」はこれまでより更に物語調で、第1話だそうですので長くなりそうですね。

 

世間の反応を見て、ちょっとやりすぎたと反省したのか最近はかなりテンション控えめです。

しかし芝居がかった語り口は相変わらずで、むしろ静かな演技の中に磨きがかかってきているのではないでしょうか。

 

⇒ 「別宅の真相」第1話の動画はこちら

 

それにしても、出だしからしっかり演出していますね。文字装飾も凝っていますし、ご丁寧にもBGMつき。

広告収入を得ていたらかなりの稼ぎになりそうですがそれはしてないんですね。さすがに。

 

なぜここまで演出しなければならないんでしょう。

逆効果な気がして仕方がないですよ。

 

国会議員がテレビに向かって自分の意見を主張するくらいで良さそうな気がしますが・・

 

 

新たな登場人物

 

動画に新たに登場した人物、「大宮エリーさん」

 

脚本家、CMディレクター、タレント、作家、エッセイストなどでマルチに活躍しているあの、大宮エリーさんなんでしょうか。

 

大宮エリーさんの事務所関係者は取材に対し、「大宮本人に確認が取れていないので(真偽を含め)こちらでは分かりません」と回答しています。

 

また、船越英一郎さんの所属事務所関係者は、「改めて、一部で言われているような船越のプライバシーについては、事実ではありません」と回答しました。

 

船越英一郎さん、相変わらずNHKの「ごごナマ」に何事もなかったかのように出演して明るくトークしていますね。

今の段階ではやはりまだ何も言えないんでしょうね。

周りの共演者もいつものように、のどかに番組を進めています。

 

この松居一代さんと船越英一郎さんの温度差はいつまで続くんでしょうか・・。

 

船越英一郎さんだけではなく、芸能人の方ってプライベートではいろいろありながらお仕事をこなしているんだなということはよくわかりました。



スポンサーリンク

動画の手紙とは

 

「別宅の真相」第1話では、2010年9月23日「大宮エリーさん」さんから船越英一郎さんに宛てた手紙が公開されています。

 

この手紙が見つかったことにより夫婦仲に問題が生じてきたようで、松居一代さんは、

「物件を探してきたのは妻の私。これには一人の女性が関わっている」

「(別宅は)妻の私が判断したからです。弁護士を入れて話し合いました」

と、別宅を購入するに至る経緯を説明しています。

 

 

動画にある手紙の内容を、書き起こしてみました。

 

船越英一郎さま

あ、親愛なるってつければよかった。

実は朝、宿を出るときメッセージを書き残してフロントにあずけようかなって思ったんです。

でもなんか照れくさくって重いと思われないかなと思ってしまい、でも残せばよかった。

まさか同じことを考えてたなんて。

今日のウルトラC、最高に粋な夜。
やんちゃな約束、待ち合わせでしたね。

 

何が何でも行くって決めてました。
楽しかったなぁ。

あたしはこういう粋で小意味よい出来事のために生きている。

生かされていると思って、あー人生ってだから面白いんだと。

だから船越さんのおかげでつくづく思いました。
どうもありがとうございました。

 

生涯の友を得た予感とかいてくださったこと一生忘れないです。

予感がずっとつづき確信にいつしかかわりますように。

私も同じ予感の中酔いしれました。

帰りの新幹線で確信にひたりすがすがしい気持ちで東京へ。
なんだか世代も性別も違うけど何一つ違わない感じがします。

 

もちろん大先輩。

尊敬しますが、うまくいえないけどそれは言葉にできないもの。

だから面白い。
うれしいです。
最高。

末永く仲良くしてください。

 

大宮エリー

 

出典:YouTube kazuyo matsui

 

 

 

 

いかがでしょうか?

単に友人へ宛てた手紙としては確かに「親密度」は高いような気もします。

しかし、「今日のウルトラC、最高に粋な夜、やんちゃな約束、待ち合わせでしたね・・・」

などと書いている部分は具体的にどんなことがあったのかはまるでわかりません。

 

奥さん(松居一代さん)がいる男性へ向けて書いているので、あえて伏せてあるとはもちろん考えられますが・・。

 

 

 

この手紙、ネット上では松居一代さんが捏造、自作自演したのではないか?という 声もあがっています。

手紙の文字が松居一代さんの筆跡とそっくりで、「大宮エリーさん」の直筆とはかけ離れているという理由からそう言われています。

 

もし捏造なのだとしたら松居一代さん、相当綿密にストーリーを考えていることになりますね。

物凄い妄想カです。

芸も細かいです。(シールの件など・・・w)

 

しかし松居一代さんの言わんとしている浮気(?)が本当なのだとしたら、船越英一郎さん、日頃の爽やかで紳士的なイメージは覆ることになるでしょう。

 

大宮エリーさんとは?

 

まだ今の段階では、幅広いジャンルで活躍されているあの大宮エリーさんが手紙の主であるかどうかはわかりませんが、プロフィールをリサーチしてみました。

 

名前:大宮エリー
本名:大宮恵里子(おおみや えりこ)
生年月日:1975年11月21日(41歳)
出身地:大阪府
血液型:A型
学歴:東京大学薬学部
所属事務所:大宮エリー事務所

 


画像出典:http://matome.naver.jp/

 

大宮エリーさんは、父親が病気になったことから、その病を治したいという思いから理系学部への進学の道を選びました。

 

桐蔭学園卒業後、東京大学に現役合格しています。

大変優秀な方ですね。

そして大宮エリーさんは東京大学の薬学部へと進学。

しかし、薬学は「向いていない」と感じ進路を転向します。

その後、博報堂にOB訪問したのをきっかけに、言葉に関わる仕事ができる広告代理店の仕事に魅力を感じ、株式会社電通に入社しました。

 

確かに今のご活躍を見ていても、薬学とか医療関係という感じではなかったのかもしれませんね。

 

2006年に個人事務所である「大宮エリー事務所」を立ち上げ独立します。

 

その後は、初監督作品であるショートムービー『海でのはなし。』がヒットし、脚本家、CMディレクター、映画監督、作家、エッセイスト、コピーライター、演出家、ラジオパーソナリティ テレビタレントとして活躍しています。

 

 

おしまいに

まだまだ始まったばかりの「別宅の真相」。

なんだか世間はもう飽きてきて相手にしていないようなムードが広がってきているような気もします。

世間にそっぽを向かれても松居一代さんは物語を続けるのでしょうか。

 

どんなことが過去にあったのかはわかりませんが、良いにしろ悪いにしろ、船越英一郎さんが心から謝罪することはないような気がしますよ。

何か違う未来像を描いた方がよいのではないでしょうか・・・。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

⇒ 船越英一郎の不倫相手(?)ハワイ在住の成田美和の経歴とは?

⇒ 船越英一郎の糖尿病の数値は?ゴチは危険だった!?

 





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です