癌探知犬とは?費用や申し込みから日本医科大学へ尿検査方法の流れ






「癌(がん)探知犬」というのをご存知でしょうか?人間の1億倍の嗅覚を生かして癌の臭いを嗅ぎ分ける訓練を受けた犬のことです。

早期の癌でもほぼ100%に近い的中率を誇ります。

現在世界中で「癌探知犬」についての実験と研究が進められていますが、山形県・金山町が初の試みとして無料での検査を2017年、5月から実施します。画像出典:https://wanchan.jp/





どうやって発見?

 

癌の検査といえば、バリウムを飲んだりレントゲンを浴びたりと、かなり大変ですよね。

ところが、がん探知犬による検査は、尿を採取してテストするだけです。

身体への負担はほとんどありません。

 

癌には早期であっても特有の臭いがあるそうなんです。

しかも胃がん 肺がん 大腸がん、子宮がん、乳がん、膀胱がんなど、それぞれの癌によって臭いは異なります。

がん探知犬は、この様々な癌の臭いの違いまで嗅ぎ分けてしまうというのですから驚きです。

その的中率はほぼ100%近いことが実証されています。

 

 

山形県・金山町は、全国初となる試みとして、40歳以上の町民を対象に無料で「がん探知犬検査」を受けられるようにするために今年の予算に1100万円を計上しました。

金山町を含む山形県最上地域は全国医療圏中でも女性の胃がん率が全国一と高いのですね。

 

金山町・鈴木洋町長が、日本医科大千葉北総病院のがん探知犬研究で知られる、宮下正夫外科教授に協力を依頼することからこの試みは始まりました。

 

今月5月から全国初の「がん探知犬検査」が実施されます。

 



スポンサーリンク

検査の流れ

 

5月19日放送の「スーパーJチャンネル」によると、まず検査に同意した山形県・金山町の町民の尿を冷凍保存します。

次に日本医科大千葉北総病院へ冷凍輸送。

病院が検体(尿)の確認を行った上で、提携する民間会社「セント.シュガージャパン がん探知犬育成センター」においてがん探知犬による検査を行い、癌の有無を判定します。

検査結果がわかるのは約3ヶ月後くらいになるようです。

 

また、「ドックラボ」という会社のHPによると、電話等で検診を申し込むことにより、【検診キット】が自宅に郵送されてきて、呼気(尿ではなく呼気の臭いでも嗅ぎ分けができるとのこと)を採取しレターパックに入れてポストに投函するという方法でも検査を受けることができるようです。

引用:http://imadoki.click/

 

このような企業に申し込む場合の費用は、3万~5万円ほどかかるようです。

 

 

今後の課題

 

「セント.シュガージャパン」の佐藤悠二氏によると、どの犬でも癌探知犬になれるというわけではなく、優れた犬の中でも更に強化をする訓練を積んでいるそうです。

 

現在、癌探知犬は5匹しかおらず、育成には時間や費用がかかるとのことで、500万円以上だそうです。

 

今回の金山町の検査により今後、将来性がありそうかどうかというようなところを検証し、普及につながればと関係者は期待しています。

 

また将来的には、がんの臭いを判別できるセンサーの開発が期待されています。

がん探知犬をどんどん増やして、全国すべてでがん検診をやるというのも現実的ではない話です。

 

がんの臭い物質を探知できるセンサーが開発されるのは、時間の問題と言われていますので、がん探知犬の研究と平行しての開発が行われていくことでしょう。

 

おしまいに

無料で「がん探知犬検診」が受けられる金山町の方が羨ましいですね。

それにしても犬ってどれだけ人間のために貢献してくれる存在なのでしょう。

個人的に犬好きですのでなんだか誇らしいような、涙ぐましいような感動を覚えてしまいます^^

 

☆最後までお読み頂きありがとうございました。





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です