インフルエンサーの収入はどれくらい?マーケティングの注意点とは?

みなさんは、Instagramに写真を投稿したりしていますか?
最近はInstagramで収入を得る方も多くなり、「インスタグラマー」や「インフルエンサー」という言葉もよく聞くようになりました。
でもどうやって収入を得ているんだろうと気になりませんか?
今回は、Instagramで収入を得る方法から注意点などをまとめてみました。





インフルエンサーとは?

 

インフルエンサーとは当然インフルエンザの患者さんのことではありません。

 

インフルエンサーとは有名人や、ユーチューバー、またはFacebook、Twitterなどで大きな影響力があり、消費者の行動に影響を与える人のことを言います。

 

Instagramでは渡辺直美さんが有名ですよね。
まさにインフルエンサーです。

 

しかしごく普通の一般人でありながら万単位のフォロワーを抱えるインフルエンサーも存在します。

 

一般人のアカウントはインフルエンサーの中でも「マイクロインフルエンサー」と呼ばれ、芸能人ほど大量のフォロワーがいるわけではありませんが、特定の層に対しては芸能人よりも影響力を及ぼすことがあり、今注目を集めています。

 

近年ではこう言った一般人の「マイクロインフルエンサー」にも企業マーケティングの注目が集まっていて、1投稿で数十万ものお金を稼ぐという新しい働き方が生まれてきています。

 

インフルエンサーは、まさにインフルエンザのウイルスのように、たった1人のインフルエンサーが商品やサービスを紹介することで、数日内に数千人、数万人にその情報が感染される可能性がある存在です。

 

例えば価格コムや楽天やアマゾンなどの口コミやレビューを参考に商品を購入したことがある人は多いかと思います。

私も何か買う時は目を皿のようにしてレビューを見ます。

 

それは何を意味しているか言うと、

それだけ企業のCMなどの情報よりも、消費者目線の情報の方が信用されているということなんですよね。

 

「マイクロインフルエンサー」が今注目されている理由は、自分たちと同じ消費者目線の一般人であるからです。

そこに信用が生まれるわけですね。

 

収入はどれくらい?

 

一般人のマイクロインフルエンサーの場合、最初収入はゼロも同然です。

フォロワーを増やしたり、楽しませるなど価値を提供し、継続していくことで徐々に収入を増やしていきます。

ですが成長して、人気のあるマイクロインフルエンサーなら、月の収入何十万、何百万でもめずらしくありません。

 

どのような仕事内容で、どれくらい稼ぎになるのか情報をまとめました。

 

◆PR記事
youtubeとかGoogleアドセンスに近く、シンプルにインスタグラムに商品の写真を投稿して報酬がもらえます。
報酬相場は平均で1フォロワー×1円です

 

◆モニタリング記事
化粧品やアプリゲームなどを継続的に使用して頂き、その感想を投稿します。
投稿した記事などは企業のホームページなどに掲載されます。
報酬相場は約10万円です。

 

◆旅行記事
旅行費やホテルなど全てを企業が支給し、その企業の商品、または旅行会社の旅行パックのPRをします。

その感想を書くメディアに記事にして報酬がもらえます。
報酬相場は旅行の長さやライティング内容によって異なりますが、約30万円です。

引用:http://www.lim-japan.com/

 

この他、ファッションや健康、子育て、趣味などあらゆる身近なことが収入源となりえます。

 



スポンサーリンク

どんな仕組み?

 

Instagramには、直接ユーザーに広告収入が入るGoogleアドセンスのような仕組みはありません。
ここはyoutuberとかブロガーと違う点ですね。

Instagramで稼ぐインフルエンサーになるには企業提携が必要です。

 

例えばインフルエンサーに無料で商品を提供して、気に入った点などをInstagramに投稿してもらうというスタイルになります。

いわゆる口コミによるマーケティングですが、その商品と関連性の強いインフルエンサーに口コミをお願いすることで、大きな反響を見込むことができます。

 

マイクロインフルエンサーのフォロワーはなんらかの嗜好や共通点で集まっているケースが多いので、そのマイクロインフルエンサーに企業側がアプローチをして、商品やサービスを直接試してもらい、良かった場合のみ紹介をしてもらうケースが多いようです。

 

何からはじめればいいの?

 

マイクロインフルエンサーになるには、まず最初にしなければならない幾つかのステップがあります。

 

もっとも大事なことはカテゴリは何であるかを決めることです。

例えばカテゴリが【魚釣り】なのであれば、集まるフォロワーも同じく【魚釣り】をしている方々が集まる傾向にあります。

そうすると企業からは、釣り竿とか、リールなどの商品のPR依頼を受けるようになるでしょう。

 

また、youtuberなどの有名人は常に何かを食べたり、衣装や部屋の小物なども凝っていること多いですよね。

 

これは彼らの生活のあらゆる瞬間に企業の商品を織り交ぜるチャンスがあるということです。(テレビで女優が着ている服が売れるのと同じことです)

 

Instagramは最初からフォロワーが一気に増えたりすることはないので根気よく継続して多くの人に見てもらい、知名度を上げていくのがポイントです。

そして自分が本当に良いと感じられる写真、面白いと感じられる画像を発信し続けることが大事です。

 

あまり企業ニーズがない、例えば政治などへの意見を投稿をしても依頼は来ません。

しっかりと企業ニーズを見据えてカテゴリを考える必要があります。

 

しかしお金儲けのためだけにインフルエンサーを目指すという考えはあまり良くないです。

 

マーケティングの注意点は?

 

どなたでもそうだと思いますが、スマホやyoutubeに入る広告は嫌いですよね。

インフルエンサーが企業からのPR依頼を受けて紹介するというのはそういう事をするということでもありますので、露骨に【広告感満載】になってはしまうのは良くありません。

 

Like数やフォロー数を増やすことも大事ですが、自分の写真へのこだわりとかセンス、個性が必要です。

つまりyoutuberのように【喜ばれる作品づくり】が大事ということなるでしょう。

 

また、「マイクロインフルエンサー」の場合はフォロワーも実際の友人知人をはじめとする比較的狭い範囲での関係であることが多く、ただ単にフォロワーを増やしているアカウントよりも、投稿の信頼性・フォロワーからの反応ともに質が良い傾向があります。

信頼性があるということはつまり、それだけPRにおけるコストパフォーマンスも良いということです。

 

もっとも注意しなければならないのは、やり方を間違えると逆に商品のイメージを大幅ダウンさせてしまうこともありえるということです。

 

特に、インフルエンサーが企業からお金をもらっていながら広告であることを伏せて商品を紹介する「ステマ」によって炎上するケースは珍しくありません。

 

炎上とまではいかなくとも、インフルエンサーのPRにやらせ感があると、どうしても商品の好感度は下がってしまいます。

 

ステマとは・・

ステルスマーケティング(英: Stealth Marketing)とは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。 略称はステマ。 アンダーカバー・マーケティング(英: Undercover Marketing)とも呼ばれる。 ゲリラ・マーケティングの1つ。

【出典:Wikipedia】

 

インフルエンサーに企業が金銭を支払い、商品の紹介を依頼すると、その紹介に広告であることが明示されていない場合「ステマ」になってしまいます。

「ステマ」を避けるための基本は、あくまでも企業は商品をインフルエンサーに提供するのみと捉えることです。

 

その商品を紹介するかどうかはインフルエンサーの自己判断となります。

 

インフルエンサーは本当に紹介したいと思った商品を、インフルエンサー自身の言葉で紹介してこそ、インフルエンサー・マーケティングの効果を得ることができるのです。

 

おしまいに

私もInstagramを利用しているので、インフルエンサーになることを検討しています。

私の場合は写真ではなく、絵とかイラストというカンジになりますが・・。

あまり上手ではないのですが、何か楽しんで頂ける方法はないかと模索中です。

お金儲けという意味だけではなく、やはり価値を提供できるようになりたいですよね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。





Comment

  1. さお より:

    何から初めていいの? の項目
    女湯→女優 でないでしょうか?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です