岸野和矢の陶芸教室けんぼう窯の場所や料金は?プレバトで人気!


人気テレビ番組「プレバト!!」で陶芸の格付けをする岸野和矢先生は、優しくにこやかな方で人気がありますよね。
私は陶芸というか芸術は良し悪しがわからないのですが、それで独立して先生になれるなんて凄いですし羨ましいですね。
今回は岸野和矢先生と人気陶芸教室「けんぼう窯」をリサーチしました☆出典:https://twitter.com/





「プレバト!!」の岸野和矢先生

 

みなさんは陶芸をやったことはありますか?

私はある取材で一日体験だけならあります^^;

人気番組「プレバト!!」で陶芸の格付けをする岸野和矢先生は、国立市で陶芸教室をはじめて33年目、いままで1500名以上の方に教えてこられたそうです。

 

岸野和矢(きしのかずや)さんは、1951年に山梨県で生まれました。

東京造形大学・彫刻科に進み、同大学教授の佐藤忠良さんや岩野勇三さんに師事します。

大学時代に教員免許を取得されたのか、卒業後は美術教師をされていたそうです。

 

岸野和矢さんは、1983年、30歳で陶芸教室、「けんぼう窯(がま)」を立ち上げます。

 

岸野さんは陶芸教室の講師でいらっしゃいますが、自分の作品を積極的に発表していないようです。

陶芸教室の生徒に教える合間を縫って、自分の作品作りをしているようです。

 



スポンサーリンク

けんぼう窯の所在地は?

 

岸野和也先生の陶芸教室「けんぼう窯」は、東京都国立市にあり、JR中央線の国立駅から徒歩約5分です。

住所:東京都国立市中1-19-6

 

 

 

「けんぼう窯」では、形を作る「成形」、周りに絵や模様を描く「絵付け」、焼き上げる「焼成」の一通りを学ぶことが出来ます。

作業場は広く電動のロクロが27台あって、1コースの生徒の数は10名ほどだそうです。

 

「けんぼう窯」は住宅街にあるので普段は電気やガスを用いた窯で焼き上げますが、年に2回、山梨県甲州市の山奥につくられた登り窯(レンガと土で作った大きな焼き窯)で焼き上げるそうです。

 

 

また、「けんぼう窯」の1階にはカフェがあり、岸野和也先生の息子さんとお嫁さんが営んでいます。

お嫁さんが調理師の資格を持っていたということで、岸野先生が「カフェでもやってみたら?」と提案したそうで、最初は軽い気持ちだったそうです。

 

ところがこれが思いがけず人気で、陶芸教室を終わられたみなさんが帰りがけにお茶を飲みに寄っていったり、また陶芸教室は敷居が高いと感じられる方でも気軽に「けんぼう窯」に入ってこられるようになったのだそうです。

陶芸教室とカフェをあわせるなんて素敵ですよね。

 

カフェのカップはもちろん「けんぼう窯」のオリジナル作品です。

 

 

入会金や月謝は?

 

一日体験ができます。

一日体験の費用は焼き代込みで2,900円。

お安めですね。
私も陶芸教室に一日体験したことがありますが、確か5000円くらいでした。

前日までにメール予約、または当日に電話予約も可能だそうです。

「けんぼう窯」
TEL 042-576-8111

 

入会金は10,000円で、月謝は7,900円+施設維持費 月1,000円だそうです。

材料費は月によって差があるようですが、2,700円程度のようです。

やっぱりお金と時間に余裕がないと難しいですかね^^;

 

教室の開催日は毎日あるようですが、コースと曜日の組み合わせによってはお休みの日があるので詳細はお電話でお問合せください。

午前の部  9:30~12:00
午後の部  14:00~16:30
夜の部  18:30~21:00

 

テレビでもお馴染み?

 

「けんぽう窯」の登り窯は、ドラマや情報番組などのロケでもよく使われるそうです。

月9の「ようこそわが家へ」や、山村美紗サスペンス、映画「プラチナデータ」や「花より男子2」では、山梨県甲州市にある登り窯で撮影がされました。

見たことあるという方も多いのではないでしょうか。。

 

「ようこそわが家へ」のロケ


出典:http://www.knbo.net/

 

おしまいに

私は地元の陶芸教室の1日体験で湯呑みや茶碗を作らせて頂いたことがありますが、マグカップよりブ厚いのが出来てしまいました^^;
陶芸は【中心をとる】という基本の工程が難しくちょっとやそっとでは出来ないですね。

☆最後までお読み頂きありがとうございました。





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です