唯月ふうか圧倒的な歌唱力で伝説のアイドル!ピーターパンの怪我も回復!


現在は舞台を中心にお仕事をされている、唯月ふうかさん。9代目ピーターパンとしても有名ですね!
テレビ出演はあまりないので、ご存知ないという方も多いかと思いますが、彼女はあの『ももいろクローバーZ』のメンバーになっていた可能性もあったんですよ! 画像出典:http://robi2.net/





唯月ふうかさんプロフィール

 

名前:唯月ふうか(ゆづき ふうか)
本名:川上 桃子
別名義:momoko、桃、momo
生年月日:1996年9月8日
出身地:北海道札幌市
血液型:A型
身長:154cm
体重:(〃 ̄▽ ̄〃)
高校:札幌大谷高校
所属事務所:スターダストプロモーション⇒ホリプロ

 

唯月ふうかさんは小学1年生(2003年)の時にアクターズスタジオという俳優養成所(札幌校)に入所します。

2006年、小学4年生の時にスターダストプロモーションに移籍、選抜メンバーユニット「3B junior」の一員として本名の川上桃子名義で活動を始めました。

「3B junior」というのは、18歳以下の女性タレントがレッスン受けながら活動をするアイドル育成部門の中のユニットです。

なんとあの「ももいろクローバーZ」が実はこの「3B junior」出身なのです!(あ、ご存知ですよね・・^^;)

 

他のメンバーをバックダンサーにして、唯月ふうかさんがメインボーカルを務めたこともあるんですよ!!(あ、ご存知ですよね・・^^;)

唯月ふうかさんは、歌やダンスなどパフォーマンスがこの頃がらズバ抜けており、【伝説のアイドル】【おそろしい子】とまで言われていました。

 

他のももクロメンバーは衝撃を受け、自分たちの未熟さを痛感して奮起するきっかけにもなりました。

 

その後2009年、3B juniorから選抜された谷川菜奈、矢野妃菜喜(現:月影妃菜喜)と共にガールズユニット『momonaki』が結成され、唯月ふうかさんは、「momoko」として主に北海道を拠点に活動をしていました。
2011年、テレビアニメ『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』のエンディングテーマの歌唱者に選ばれ、単独メジャーデビューするにあたり、momoに改名し、「大好きだよ」をリリースします。

『もしドラ』・・何気に観ていましたが、唯月ふうかさんがed歌っていたんですね♫

 

 



スポンサーリンク

モモクロ誕生秘話

 

こちらもご存知の方多いがと思いますが、「3B Junior」の選抜メンバーでグループを作ることになった、百田夏菜子さんのお母さんが、【ももクロ】というグループ名を考案したと言われています。

メンバーの川上桃子さんは歌が上手いし、当然選ばれるだろうということで、幸せを運ぶ(=四つ葉のクローバー)グループとして『ももいろクローバー』という名前を思いついたのだとか。

 

個人的には『ももいろクローバーZ』ってなんか『光GENJI』とかみたいで野暮ったいネーミングだな~などと思っていましたが、(・・こりゃ失敬m(_ _)m)

こういう由来があったのですね~(しかし一部の川上桃子さんファンが流したデマとの説もあります・・)

 

しかし当時まだ中学生で北海道を拠点に活動していた川上桃子さんは、東京拠点に活動する『ももクロ』には加入しなかったのですね。

ところが『ももクロ』が先に大ブレイクします!(唯月ふうかさん、複雑な気持ちだったのではないでしょうか・・・?!)

 

唯月ふうかさんのデビュー

 

川上桃子(唯月ふうか)さんが様々な事情からメンバー入りしなかったことが【ももクロの誘いを蹴った】と噂されるようになり、このことが、現在でも共演NG説につながっているようです。

実際には『ももクロ』メンバーは唯月ふうかさんを非常にリスペクトしているようですが・・

なにしろ、唯月ふうかさんは、グループ入りすることなく単独で、舞台女優として成功しているのですから尊敬されて当然ですよね。

 

しかし唯月ふうかさんはのデビューは順調に行ったわけではありませんでした。

 

川上桃子さんは「momo」に改名し、単独メジャーデビューしたことは先にも書きましたが、

しかしその年2011年に東日本大震災が発生してしまいます。

アイドルとして売り出すには、最悪のタイミングになってしまいました。

 

2012年6月に川上桃子さんはスターダストプロモーションを離れます。

その後、8月29日『37thホリプロタレントスカウトキャラバン2012』の決勝大会が開催され、演技力と歌唱力が評価され、審査員特別賞を受賞し、新人として再デビューを果たしました。

その4日後には『アッコにおまかせ!』に出演し、「唯月ふうか」の芸名を和田アキ子さんにつけてもらいます。

 

改名には『ももクロ』への配慮があったのかもしれません。
実力NO1の川上桃子さんが事務所を変更してアイドルデビューとなったわけですから、断ち切る必要があったのでは・・とも考えられます。

 

活動はほぼ舞台

 

現在、唯月ふうかさんの活動は、ほとんどがミュージカルです。

2013年に『ピーターパン』で9代目ピーターパンに抜擢され、3年連続で主役を務めます。

ちなみに初代ピーターパンの榊原郁恵さんから、ピーターパンはフライングをするため、腰を痛めるから鍛えたほうがいいとアドバイスをもらったそうです。

唯月ふうかさん、毎日、腹筋と背筋30回ずつやって鍛えたのだとか。(大変ですね・・)

 


出典:http://www.oricon.co.jp/

 

『ピーターパン』は大成功を収めますが、昨年2016年にはアクシンデントに見舞われます。

 

唯月ふうかさんは『ピーターパン』の舞台稽古中に宙づり状態から落下し、眼窩底吹き抜け骨折という大怪我を負いました。

2016年9月1日に退院して、現在は回復しているようです。

やはりアクションのある舞台は危険なのですね。

 

唯月ふうかさんは、他にも、ミュージカル『アリス・イン・ワンダーランド』のクロエ役。
ミュージカル『デスノート The Musical』でヒロイン弥海砂役など、活躍を続け、

2017年6日からは出演舞台『クロスハート』の大阪公演がスタート。
5月25日からは大作『レ・ミゼラブル』も待機しています。

 

唯月ふうかさんは、17歳の頃に漫画『ガラスの仮面』の作者美内すずえ先生に「恐ろしい子」と評されていただけあって本当に素晴らしい活躍ですね。

 

まるで本当に北島マヤのようです☆

 

おしまいに

唯月ふうかさん、『ももクロ』に入っていたらどんなグループになっていたのでしょうね。
入らなかったことで面白い逸話となって残りましたが・・

それにしても独力でスターの座を得たのですから本当にスゴいです。
今後の活躍にも大いに期待ですね(^-^)v

追記:読者の桃桃(ぴーちぴーち)さんから、『ももクロ』と唯月ふうかさんが共演NGな理由を詳しく書いて頂けましたので、ぜひ下の方にあるコメントを御覧くださいね☆






Comment

  1. 唯月ふうか(momo)はももクロやエビ中、チームしゃちほことなど、
    以前に関わりのあったスターダスト3B関係の子達と共演NGとの噂が
    ありますし、ホリプロ入り後は実際に一切共演していません。
    共演NG(彼女のスタダ関係を表に出す事がNG)の理由は
    ホリプロの引き抜き強奪だからでしょう。
    彼女をどうしても獲得したくて裏で接触していたホリプロ。
    彼女を絶対に手放したくなくて翻意してもらえるように説得していたスタダ。
    結局、ホリプロ主導での展開となった。つまりスタダを円満退社ではない。
    彼女をめぐってホリプロとスタダの裏事情が確実に存在しているようです。
    裏事情のせいで彼女のスターダスト関係の制約、NGが多くて
    歌手活動再開(momo名義復活も)や様々なキャスティングでも彼女のスタダ関係の
    制約、NGのせいで不利で窮屈な非常に勿体ない状態です。
    彼女が一般的に有名になる所での活躍が阻害されてしまっている最大の要因である
    彼女のスタダ関係を表に出す事がNGの制約隠蔽NG状態など早く解除、解禁して欲しいものです。

    • negi より:

      桃桃(ぴーちぴーち)さん、コメントありがとうございます。
      とても勉強になりました。
      記事内で、桃桃(ぴーちぴーち)さんのコメントをお勧めさせて頂きますね^^

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です