千葉の初詣2017子宝パワースポットは?恋愛縁結び♡カップルデート観光に!



もうすぐお正月。初詣に行かれる方も多いのではないでしょうか。
今回は私の地元、千葉県の子宝祈願パワースポットベスト3をご紹介いたします。
初詣は混雑するかと思いますが、縁結びや観光、デートスポットの参考にもしてみてくださいね。
画像は「笠森観音」です。 出典:https://ja.wikipedia.org/





笠森観音

 

まずなんといっても千葉県長生郡にある「笠森観音」が有名です。
「子授け楠」という神木は世界的にも知られていて、海外から来られる方も多いのだとか。

タレントの梨花さんが不妊治療の末に高齢出産をされましたが、この「子授け楠」をくぐってすぐに妊娠されたのは有名な話です。

写真をご覧頂くとわかりますが、本当に神秘的な神木です。

 

「子授け楠」


出典:http://tamash.blog110.fc2.com/

 

こちらの神木、「子授け楠」の穴をくぐるわけですが、くぐり方には作法があるので気をつけて下さい。

・夫婦でないとダメです。
・順番は男性が先にくぐり、女性が後です。

 

 

◆笠森観音(笠森寺)アクセス

住所:〒297-0125 千葉県長生郡長南町笠森302
電車:JR外房線 「茂原駅」下車
小湊バス:「上総牛久駅」行  「笠森」下車 徒歩5分
お車でのアクセス : 圏央道「茂原長南IC」より5km 約7分
電話番号  : 0475-46-0536
駐車場 : 駐車場 50台(無料)
初穂料・玉串料    拝観料 大人200円・小人100円



スポンサーリンク

玉前神社(たまさきじんじゃ)

 

黒漆塗りの権現造りという珍しい社殿で有名な千葉県の「玉前神社」

ご祭神である玉依姫命は女の神様ですのでご利益としては、子授け・安産・子育てなどの他に、縁結びもあるそうです。

玉依姫命は月に関係する神様として、女性の生涯をずっと守護すると言われています。


出典:http://jin-power.com/modules/

 

この「玉前神社」が子宝パワースポットとして有名なのは境内に「子宝・子授けイチョウ」があるからです。

雄株・雌株・実生の子供イチョウの順に触れて、子宝に恵まれるようお祈りすると子宝のご利益があるようです。

訪れた際には必ず「子宝・子授け銀杏」に子宝のお願いをするようにしましょう。

 

非常に由緒正しい神社でして、平安時代にはすでに、全国でも有名な子宝祈願の神社だったようです。
源頼朝公が、妻の北条政子の安産祈願をしたのもこの「玉前神社」と言われています。

 

房総半島九十九里浜の最南端という、都心からも好アクセスの場所にあり、近くには観光スポットも多いですので、年間通していつ行くのも良いですね。

初詣は非常に混雑することでも有名です。
参拝は長蛇の列となりますので、お時間に余裕があるかどうか事前にご検討された方が良いかと思います。
 
 

 

◆玉前神社アクセス

住所:千葉県長生郡一宮町一宮3048
電車: JR外房線上総一ノ宮駅下車徒歩8分
自動車でのアクセス    九十九里波乗り道路一宮インターすぐ
電話番号 : 0475-42-2711
駐車場: 駐車場台完備
初穂料・玉串料    受付にて申込み用紙にご記入後、初穂料(玉串料)を添えて御申込み下さい。
御祈祷料は5千円より承っているとのことです。

 

法華経寺の鬼子母神様

 

千葉県の法華経寺には中山鬼子母神と呼ばれる、鬼子母神様が祀られています。
この法華経寺の中山鬼子母神は、江戸三大鬼子母神の1つに当たりるとされ、古くから子授けの信仰の対象として親しまれてきました。

お時間のある方は法華経寺に加えて、雑司が谷鬼子母神堂、入谷鬼子母神にお参りするのも良いかもしれませんね。

 

この法華経寺は鎌倉時代の高僧、あの日蓮聖人が最初に開いたお寺であり、1000年以上も前から信仰されてきた由緒正しいお寺です。

また、この法華経寺には日蓮聖人直筆の国宝「立正安国論」が収められている事でも有名です。
五重塔など、重要文化財の宝庫です。

 


出典:http://www.media-create.jp/

 

◆法華経寺 中山鬼子母神 アクセス

住所:〒272-0813 千葉県市川市中山2-10-1
電車: JR総武線下総中山駅下車、徒歩10分。または、京成線京成中山駅下車、徒歩5分
お車でのアクセス:
電話番号 : 047-334-3433
駐車場 :無料(50台 9:00~16:00) 大型車は駐車不可
初穂料・玉串料    お開帳される場合は1人3,000円以上の志納金
 
 

 

おしまいに

千葉は子宝祈願スポットが多いですね☆
初詣は混み合うと思われますが、2017年にお子さんを授かりたいという方のご参考になれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です