マスク依存症を直す方法をチェック !女性と男性どっちに多い?





tudtudftu
最近は特にマスク依存症の方が増えているようですね。
マスク美人も一時流行りましたし、ニコニコ動画で楽器を演奏したりする人はよくマスクをしています。
ティッシュ姫が有名ですよね。
正直カッコいい(かわいい?)なと思いますし、なんだか謎めいているところがクールです。
でもマスクには意外な落とし穴もあるのです。あまり極度なマスク依存からは脱した方が良いみたいですよ。画像出典:http://vocadb.net/





マスク依存症とは

 

マスク依存症になる大きな原因は、人との接触が苦手で自分に自信が持てないなどといった、精神的な面からくる要因が大きいです。

マスクが手放せなくなっている場合、コンプレックスを隠す、他人との会話が苦手、表現が下手などの、他人との接触を避ける心理的な壁となっていることがあります。

そういったものが一般的にマスク依存症と呼ばれています。

 

何を隠そう私もマスク依存症です。

外出する時はできればいつもマスクをしてニット帽など被って行きたいくらいです。

でもそれだと日頃通うスーパーなどでなんか怪しく思われそうで、つけたり外したりです。

銀行に入る時なんかさすがに緊張しますね。

銀行員に一斉に注目されそうな気がしますので、マスクは外すか顎までずらしたりします。

 

私、一度カバンに手を入れながら銀行に入ったら、銀行員に凄い表情でふり向かれたことがありますので(苦笑

強盗が銃を抜こうとしていると思われちゃったようです(´Д`)



スポンサーリンク

女性と男性どっちが多い?

 

これはやはり圧倒的に女性の方が多いようですが、男性にも普通にいます。

私もいい年をした大の男ですがマスク依存症というか大好きですからね。

 

世代でいうと中高生くらいの方が一番多いようですね。
ニキビなどを隠したいという気持ちもあるでしょうし、一番デリケートな年頃です。

 

女性の場合、コンプレックスを人に見られたくないなどといった理由もあるでしょうけど、「すっぴん隠し」「防寒」「オシャレ」感覚でつけていることも多いようです。

そもそもお化粧自体が太古からあるマスクでもあるとも言えそうですよね。

 

また、マスクには保湿効果があり、口の周りが保湿されるので、冬の場合特に唇の乾燥や肌の乾燥を防いでくれます。

肌が乾燥する寒い季節には、一番身近な乾燥対策として重宝されるアイテムとなっています。

 

必ずしも悪いというわけではないですよね。

【秘すれば華】という言葉もありますし、マスク女性、実は結構好きです(^-^)v

 

直す方法をチェック

 

私自身マスク好きですので、マスクをしていたい気持ち、よ~~くわかります。

ハッキリ言って「いいじゃないの、普段マスクくらいしていたって!」と思っちゃいます。

それから容姿に難癖つけるのが恥ずかしい行為であるということがもっと常識化した世の中になれば、マスク依存症の方も減ると思います(ΦωΦ)

 

ただ、過剰にマスクをしているといろいろと悪影響もあるんです。

マスクの中は、非常に湿度が高い状態になっています。

自分の出す息で蒸れることによって、保湿効果も期待できるわけですが、蒸れすぎると皮脂の分泌が盛んになり、細菌が増殖してしまいます。

夏など暑い時期にマスクをしていると、不衛生な肌環境になり肌の劣化につながります。

 

 

それから、家に一人でいて、洗顔も入浴中もマスク、就寝中もマスクとなるとさすがに重症です。

すぐには治らないと思いますが、少しずつで良いので依存から離れていく手段を考えていきましょう。

 

私自身、気をつけなければならないことなので、治す方法をリサーチいたしました。

 

まず、なんといっても多くの場合、正直、人との接触を遮断したい、コンプレックスを隠したいというのがマスク依存症の原因になっているかと思います。

 

月並みですが、思い切って自分から心を開くことが大事です。

自分が自分自身を認めてあげること、肯定してあげることが必要です。

マスク依存症の人は周りの目をとにかく気にしがちです。
「他人は他人、自分は自分」と思うようにしましょう。

誰もたいして自分のことなど見てはいません。

あなたのことや私のことを一日中考えている人間なんてそうそういませんから・・^^;

 

 

また意外に自分がコンプレックスと思っていても、案外他人にとってはそこが魅力的な部分だったりします。

誰も気にしていないのに思い込みでネガティブになるのはよくあることです。

 

食事中もマスクしているなど、重症な場合はやはり心の病気なので、心療内科へ行って専門家に相談するのが一番いいでしょう。

私もマスクの件ではないですが行ったことあります。
最近のクリニックはオシャレで、病院という感じがしない所が増えていますよ。

 

病院での治療では、暴露療法(エクスポージャー法)という治療法が使われることがあります。

これは、恐怖や不安の対象にあえて触れることで慣れていき克服するという方法です。

少々荒療治で最初は辛いかもしれませんが、だんだん慣れていくことと思います。

要するに慣れちゃうことが大事ということです。

 

 

たとえば、戦争などで全く環境が変わってしまったら毎日マスクなんて言っていられません。

自然豊かな外国の田舎にでも引っ越したら・・・

と想像すればマスクのことなんてどうでもよくなってきます。

 

今の環境にあるからマスクに依存してしまっているわけですので、ぜひイマジネーションをフルに働かせて、マスクなんて忘れている環境の自分をどうぞ想像してみて下さいね。。

 

おしまいに

何度も言いますが私自身、マスク依存症でありますので、ある程度は気持ちがわかるつもりです。
依存症の皆様のご回復を真剣に祈っております。

本当に全然違う国へ行って、全く今と違う生活をしたらマスクなんてしたくなくなる可能性は高いと思います。

原因は自分にだけあるわけではありません。
どうぞ自分を責めないで下さいね。

☆最後までお読み頂きありがとうございました。





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です