森田宏幸監督Wiki現在は?猫の恩返し後ブログ炎上の理由とは?


gug
金曜ロードSHOW!で『猫の恩返し』⇒が放送されますね! 11月18日(金) 21時00分~22時54分
この作品は森田宏幸さんが監督です。ジブリ解散後、森田宏幸さんは現在どんなお仕事をしているのでしょう?画像出典:http://news.ameba.jp/





森田宏幸さん『猫の恩返し』以降は?

 

森田宏幸さんは2002年の『猫の恩返し』監督後、アニメの絵コンテや原画を中心に活動されてきました。
宮崎吾郎監督の『ゲド戦記』(2006年)では、原画を担当されていますね。

2007年のテレビアニメ『ぼくらの』では、監督・絵コンテ・演出・原画を担当されています。

この『ぼくらの』は問題作で、原作ファンからかなり批判されてしまいました。

現在は、テレビアニメ『亜人』(2016年)でストーリーボードを担当されています。

森田宏幸さんは『猫の恩返し』以降は、スタジオジブリで監督はされていません。

 

◆プロフィール

名前:森田 宏幸(もりた ひろゆき)
生年月日:1964年6月26日(52歳)
出身地:福岡県
学歴:福岡県立筑紫高等学校卒業 福岡大学工学部機械工学科卒業
所属:シャフト⇒ポリゴン・ピクチュアズ

 

2011年2月27日 総会理事選挙にて一般社団法人日本アニメーター・演出協会理事に選任します。
約4年間理事をつとめた後、2015年6月に退任。

現在はデジタルアニメーション制作会社ポリゴン・ピクチュアズに所属し、デジタル作画をテーマにしたフォーラム・ACTF(エーシーティーエフ)の運営にも携わっています。



スポンサーリンク

ブログ炎上の理由は?

 

※アニメ『ぼくらの』のネタバレが含まれます。閲覧にはご注意下さい。

 

『ぼくらの』という作品は私は1話しか観ていないのですが、かなりブルーな気持ちになる作品であることは確かです。(最近の漫画・アニメ業界はもっとエグい作品多いですが)

この作品ではアニメ史上でもかなり巨大なロボットが登場します。(高さ500メートル!)

このロボット「ジアース」を15人の少年少女の誰かが操縦し、戦わなければ地球が滅びてしまいます。

 

ところが一度戦うごとに操縦者は命を落としてしまうのです。

 

森田宏幸監督はこのアニメの監督を受けた際、子供たちがロボットに乗って、戦いの中で理不尽に消えてゆくストーリーに対して、初対面の原作者に「あんた、子供の命を何だと思ってるんだ!」と不快感をあらわにした伝えられています。

 

そして、自身のブログにおいて、アニメ版『ぼくらの』を制作時に進捗状況の報告や、放映された回についての質疑応答などを行っており、視聴者から批判、応援、質問等さまざまなコメントが寄せられていた。

その中で森田宏幸監督は、「私自身が原作を嫌いで、アニメーション化にあたり、ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます」といった発言を行いました。

 

森田宏幸監督は、「原作が嫌いです。原作ファンは見ないでください」とまで発言しています。

それに対し視聴者から、アニメ版『ぼくらの』に対する作品批判にとどまらず、森田宏幸監督自身に対する批判も数多く投稿される事態となりました。

 

その後、同ブログにおいて、森田宏幸監督は「原作そのものが嫌い」という言葉が誤解を招いたので訂正しています。

森田宏幸監督は原作自体は多くの謎がちりばめられている魅力ある作品だと、とらえていて、アニメーション化のやりがいのある原作だと思っているようです。

やはり、『子供たちの命を・・』という設定がどうしても気になるのでしょうね。

 

『ぼくらの』は、鬼頭莫宏さんによる小学館の漫画作品で、

『月刊IKKI』において2004年1月号から2009年8月号まで連載され、IKKI COMICS(小学館)にて全11巻で単行本化されました。

2010年、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しています。

IKKI誌上の原作者と森田宏幸さんとのインタビューでは「『嫌い』発言は、なかば言わされてしまった」と語り、それに対して原作者の鬼頭莫宏さんは「そうでしょうね(笑)」「逆に、いいものを見せてもらったなと(笑)」と返答しています。。

 

引用と参考:Wikipedia

 

おしまいに

森田宏幸監督は 非常に生真面目に仕事に向かう方のようですが、自己主張は強い方なのかもしれませんね。
『猫の恩返し』でも、少女漫画家の柊あおいさん原作をかなり改変されています。

『ぼくらの』において原作の鬼頭莫宏さんに  「子供たちを・・助けていいですか?」と問いかけています。
これに対する、鬼頭さんの返答は「魔法を使わないならいいですよ」と答えています。

森田宏幸監督の人柄の良さが仕事に差し支えているのかもしれません。

しかし、昨今の漫画、アニメはどぎついものが多いですからねぇ。(時代の流れで、仕方ありませんが・・)
「自分のやりたいこととは違う!」という方にはなかなか辛いものがあるかもしれません・・・。

◆最後までお読み頂きありがとうございました。

⇒ 吉岡ハルは監督の意向でちょっと大きめ?身長や体重は?

⇒ ギブリーズとはジブリーズ?監督はべテラン百瀬義行氏






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です