森田正光が独身なのはスキャンダル謹慎から?天気予報は当たらない?



11月8日(火)放送の『所&林修&米倉も絶賛!人生で大事なことは◯◯から学んだ』 ⇒ 20時00分~21時48分に【天気予報に人生を捧げ約50年】の森田正光さんがご出演されますね。
お天気キャスターの草分け的存在で、もはや全国で知らない人はいないのではないでしょうか・・☆ 画像出典:http://www.nikkan-gendai.com/





森田正光さんプロフィール

 

名前:森田正光(もりたまさみつ)
生年月日:1950年4月3日
出身地:愛知県名古屋市
血液型:AB型
身長:164㎝
学歴:愛知県立犬山高校
所属事務所:吉本クリエイティブエージェンシー

 

森田正光さんといえば、TBS「Nスタ」の天気予報で見かける方が多いでしょうね。

気象予報士と聞くと、大学で気象を専門的に勉強されているイメージがありましたが、実は森田正光さんは大学へは行っておらず、高卒なのです。

まだ大卒がそれほど多くはなかった世代なのかもしれませんね。

 

森田正光さんは、高校の先生の勧めで日本気象協会東海本部に入られたそうです。

その後1992年にフリーになられたのですが、翌年の1993年の天気予報士の試験では不合格でした。

これは結構有名な話ですね。

 

気象予報士の資格は狭き門で今では合格率は4%といわれています。

日本気象予報士の最高峰とまで言われている森田正光さんでも、一度では合格できなかったのですね。

1995年の試験ではちゃんと合格をしてらっしゃいます。

 



スポンサーリンク

意外なスキャンダル

 

森田正光さん、現在は離婚されているようです。

家庭でも優しく穏やかそうなイメージがあり意外ですが、原因は森田さんの不倫にあったようです。

『婦人公論』にてご本人も公言されていますが、20歳年下の女性編集者がお相手だったようです。

あまり大きくは報道されておらず、もう過去の出来事ですが意外な一面もあるのですね。

 

森田正光さん、もしかすると元奥さんには嫌われているのかもしれませんが、なんだか嫌われているところが想像つかないですね^^;

 

森田さんには娘さんがおられて、「木口一秒」というペンネームで漫画家さんとして活躍されています。

 

ちなみに森田正光さん、【謹慎】というワードで検索されているようですが、気象予報をする時に

「不謹慎かもしれませんが…」

という前置きをして話をすることがよくあるので、【謹慎】で検索されているようですね。

別に不倫スキャンダルで謹慎!という過去があったわけではないです。あしからず。。

 

追記:『所&林修&米倉も絶賛!人生で大事なことは◯◯から学んだ』 によると、森田正光さんはまだ新人だった頃、3回連続して仕事でミスをして謹慎処分となったことがあるようです。

 

天気予報は当たる?当たらない?

 

現在、日本の天気予報的中率は、アメリカ・ヨーロッパと並びトップレベルです。

しかし、梅雨の時期は的中率は下がるようです。

天気予報は『晴天率(過去のその日と比較して晴天日になる割合)』をもとに算出されます。
そのため、晴れる日が少ない梅雨の時期は確率が落ち、晴天の日が多い冬の確率は上がるのだそうです。

 

気象庁のサイトでは週間天気予報の精度検証を行っています。それによると下記のような結果が出ています。

2016年5月(降水の有無的中率)・・・70%~80%
2016年6月(降水の有無的中率)・・・60%~80%
2016年7月(降水の有無的中率)・・・70%~80%
最高気温の誤差・・・2℃~3℃
最低気温の誤差・・・1℃~1.5℃

 

更には2014年に打ち上げられたひまわり8号が、2016年3月から本格的に運用が開始されました。
これにより気象データは大幅に増加し、気象予測の的中率向上に貢献しています。

引用:http://10syoku.jp/

 

的中率トップレベルの日本においても森田正光さんの気象予報の技量は最高峰と言われています。

並の気象予報士なら明日の天気とかニ日後の天気までが精一杯で、週間予報は当たらないと言われていますね。

ですが、森田正光さんは1か月予報まで出来ます。

森田正光さんは、気象庁の予報を真っ向から否定して、ご自身の予報を的中させることもあります。

もはや超能力者なんじゃないでしょうか?と言えるほどの技術ですね(ΦωΦ)b

 

それでも森田正光さんは、天気予報の的中率が100%になるのはかなり難しいと仰っています。
理由としては

近年の異常気象
海上の様子がわかりにくい
アメダスや衛星からの情報に限界がある
スーパーコンピュータの分析精度がまだ発展途上にある
気象は地球規模の話で日本だけで判断するのは困難
ヒートアイランド現象や建造物の変化
太陽の活動などでも変化する

などが挙げられます。

 

気象予報士は、基本的に同じ情報を元に話をしています。
ですので、お伝えしている情報自体はどこも変わらないのだそうです。

森田さん曰く、今後大事になってくるのは、気象予報士がそこからどんな現象を読み取れるか? ということになるのだそうです。。

 

おしまいに

バラエティ番組にもたびたび出演される森田正光さん。
11月8日(火)放送の『所&林修&米倉も絶賛!人生で大事なことは◯◯から学んだ』で、どんなことを仰るか楽しみですね☆

最後までお読み頂きありがとうございました。






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です