CHIZZA (チッザ)味はおいしい?感想や評判、期間を調べてみた!

uyyrft5

ケンタッキーからCHIZZA (チッザ)というなんともカロリーが高そうで濃いメニューが11月2日から発売されますね!!
果たして美味しいのでしょうか?
気になったのでリサーチです~(*´μ`*)画像出典:http://entabe.jp/





その名もCHIZZA !

 

なんともゴテゴテしているというか、ギトギトと油いというか、やりすぎ感ハンパないというか、苦肉の作というか・・・

ま~とにかくですね、日本ケンタッキー・フライド・チキンは、衝撃の新商品を11月2日に発射いたします(ΦωΦ)b(都内では1日に試食会と先行販売会を行いました!)

その名も「CHIZZA」(チッザ)!

 

CHICKENとPIZZAをかけた商品名ですね。

その名の通り、大きな国産チキンの一枚肉にトマトケチャップ、オニオン、コーン、サラミ、チーズ&チーズソースのトッピングをのせて店舗で焼き上げます。

つまりは生地がピザ生地じゃなくてチキンなワケです。

仕上げには、ご丁寧にもハーブミックスが振りかけられます。

 

なんとも頭が痛くなりそうというか、どこかに詰まりそうなくらいコッテリしていますね。

いや、食べてみたいんですけどね、実は(*´μ`*)

 

実はこの商品、日本ケンタッキーの会議室から生まれたわけではないんですね。

フィリピンのKFCが2015年夏に発売し、アッという間に完売したものなのだそうです。

その後、インド、タイ、韓国、台湾といったアジア圏で発売されて人気となっているのだとか・・

なるほど、意外とアジア圏の皆様は「美味しい!」と思っていらっしゃるということですね。

 

あ、でもよく見ると辛いものがお好きなお国の方々のような気も・・

アメリカでもバカウケしそうですけどね。
で、ピザの本場であるイタリア人が怒ると・・(-“-;)

とにかくついに日本初上陸です!

uohgtu8
出典:http://movies.yahoo.co.jp/

どのような反響となるか楽しみです。
もしかしたら日本版に何かアレンジされているかもしれませんが・・

 



スポンサーリンク

評判や感想は?

 

ムチャクチャ書いているようですが、もちろん食べてみたいです(*´μ`*)
でも、なかなか勇気と時間とお金がないので、ネットでの評判や口コミを集めてみました。

 

 

「CHIZZAのカロリーがいくつかは知らんけど糖質制限してる人は喜んで食べそう!」

「カロリーえぐいんだろうなあと思って公式見てみたら704kcalだった。」

「これは普通のハンバーガー二つ分くらい?」

「チキンフィレダブル2個分くらいのイメージ?」

「CHIZZAの糖質量はおおよそ32g。つーかこれ自体どれくらいを意味するかわからんが」

「カロリー カロリー カロリー カロリー カロリー」

「そもそもダイエットしてる人がケンタに入った時点で負けなのだよ!」

「チキンは見た目よりも油っぽくなくヘルシーで、チーズもトロトロ!女性でも楽しめそう!」

「一人じゃ多すぎ 友達とかと分けあって食べるのであれば全然OK!」

「うん!ジャンクってのはこれくらいでないと」

「値段980円って高いんだが」

「韓国では人気なかったみたい」

「販売期間の終了は未定 ただ数量限定とあるから思ったより早く消えると思う」

「国内産チキン1枚肉にピザトッピング!絶妙な美味しさでペロっと食べれちゃうよ♪」

「実際食べてみるとゾクっとする美味さを感じる!しかもお馴染みのフライドチキンの深い旨味がある」

 

 

やはり、見た目がアレなんで、カロリーを気にしている人が多いようですね^^;

 

価格や販売期間は?

 

ケンタッキー・フライド・チキン全国の店舗(一部を除く)で販売されるそうですが、平均販売数が1店舗につき20枚とのことですで、すぐになくなってしまうかもしれませんね。

各店舗の予定枚数がなくなり次第販売終了となります。

価格は980円で、テイクアウトも可能なようですよ(*^^*)

定番商品とまでになるには相当ウケが良くないといけないと思いますので、今だけの商品かもしれません。

我こそはと思う勇者なお方はどうぞお早目に!!

いや、食べたいんですけどね(*´μ`*)

 

uftyfu5
出典:https://twitter.com/

 

CHIZZA 栄養成分表

可食部 320gあたり
エネルギー:704kcal
たんぱく質:61.1g
脂質:36.8g
炭水化物:32.0g
灰分:9.0g

出典:ケンタッキーフライドチキン 栄養成分表

 

 

おしまいに

わびさびとは、月と手ながザルほど離れた精神性の食べ物ではあります。
日本人に受け入れられるかどうかちょっと気になるところですね^^

☆最後までお読み頂きありがとうございました。





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です