斎藤司波瀾爆笑でハゲの真実を暴露!実家の父の仕事は外資系企業社員!

kopu9
10月30日(日)の『誰だって波瀾爆笑』にトレンディエンジェルのお二人が出演されましたね。
斎藤司さんは、子供時代は超人見知りで、高校の頃はほとんど誰とも喋らなかったなど、今からでは想像がつかない意外なエピソードが多いですよね。
今回の『誰だって波瀾爆笑』でも、過去のいろんなことが暴露されちゃうようです^^;画像出典:http://www.oricon.co.jp/





ネットでの情報

 

『誰だって波瀾爆笑』で斎藤司さんの過去がいろいろ明らかにされていましたね^^;

私なりにトレンディエンジェル 斎藤司さんをリサーチしていたのですが、『誰だって波瀾爆笑』で暴露された情報とはいくつか違う点がありました。

まず、私が事前に調べた情報を記載します。

 

斎藤司さんは日本大学商学部商業学科卒業後、楽天に就職しています。

斎藤さんが卒業された2000年頃の就職率はかなり低く就職氷河期世代と有名です。

東大や他の高学歴者を跳ね除けて楽天へと就職できたのですから斎藤司さんとても優秀なのですね。

もしかすると明るくコミュニケーション能力が高いところが評価されたのかもしれませんね。

ところが、斎藤司さんは楽天の営業マンになった後、直ぐに辞めてしまいます。

営業の頃はかなりのストレスがあったようで、当時の事をこう振り返っています。

「僕がハゲたのは23歳で、求人広告の飛込み営業をやっていたころ。仕事がかなりきつく、すごいストレスを抱えていて。そのうえ名古屋に好きなコがいて遠距離恋愛でした。仕事のストレスに彼女になかなか会えないストレスも加わって、いっきにガッとハゲてしまったんです」

 

若くしてハゲるほどのストレスというのは相当なことがいろいろあったのでしょうね。

斎藤さんのお父さんは確か髪はあったはずですから、遺伝などではなく本当にストレスによるものだと思われます。

 

2004年、NSC東京10期の頃からトレンディエンジェルとして活動していきます。

ちなみにNSC10期生と言えば、同期では「オリエンタルラジオ」「はんにゃ」「フルーツポンチ」もいたそうです。
この同期芸人達がブレイクした後に少しずつ知られていったようですが、現在の大ブレイクまでにはおよそ11年かかっています。

やはり芸人さんは下積みが大変なのですね(;´Д`)

 

 

・・・といったところなのですが、いくつか相違点があるようです。

 



スポンサーリンク

相違点

 

まず、斎藤司さんは日本大学商学部商業学科卒業後、楽天に就職しているとの情報が多いのですが、実際にはアルバイトから入ったようです。

大学生の頃は反町隆史さんのヘアスタイルを真似してフサフサだったのですが、ハゲはじめたのは23歳くらいからのようです。

営業の仕事では1日200件以上電話するなどして、先方からも上司からも怒られることが多く、相当なストレスがあったのは事実のようですが、一緒に働いていた先輩や同僚に言わせると、

「ネットではハゲたのはウチの会社のせいになっているが、そもそもお前はハゲていた!」

・・のだそうですw

 

斎藤司さんは会社がイヤになって辞めたわけではなかったようです。

元々お笑い志望だからこそずっとアルバイトのままでいたようで、実際はむしろ社員より仕事ができるほど優秀だったそうです。

いずれはお笑いをやりたいというのは、同僚にもよく話していたみたいですね。

 

ご実家のお父さん

 

斎藤司さんのお父さんといえば、つい2~3ヶ月前に『踊るさんま御殿』に親子そろって出演されていました。

斎藤さんもそもそも真面目な性格らしいですが、お父さんも当たり前のようですが、とても真面目な方です。(『誰だって波瀾爆笑』によると、外資系企業のエリートサラリーマンだったのだとか!)

 

さんまさんは、斎藤さんのお父さんがスタジオ入りした時、難しい顔をして下を向いて入ってらっしゃたことをネタにイジっていましたが、確かに一言も喋らず、笑顔がないとちょっと近寄りがたいかもしれませんね。(普通一般人は皆さんそんなものですが)

 

お父さんは、今のふっくらとした斎藤司さんよりずっと痩せていて、小柄な方に見えました。

トーク中さんまさんにフラれると、もちろん笑顔でお話を聞かせて下さいましたが、まさか息子さん(司さん)がこんな凄い芸人になるとは思っていなかったでしょう、というようなことを言われてしまい、苦笑いしていました^^;

 

お父さん、司さんの子供時代は結構厳しかったようです。

司さんが家のエアコンをつけっ放しにしたときは、ひどく叱られ、【消し忘れのない対策】を提出させられました。

にもかかわらず、司さんは、ニヶ月後にまた同じミスを繰り返してしまいます。

お父さんからメールが来て、「もうお前には使わせない!」とメチャクチャ叱られました。

自宅に戻ったら、本当に司さんの部屋からリモコンの姿が消えていたそうです(;´Д`)

 

 

お父さんは立派な会社での就職を願っていたようですが、司さんが「芸人になりたい」と打ち明けた時は、「わかった、頑張れ」と言って応援してくれました。

ある番組内で司さんは、

「親子でも道が違って当然。人生もそれぞれの人生があって当然。これからも自分の道を進んで行ってください」

というお父さんの言葉を司さんは神妙な表情で受け止めていました。

 

司さんは今では高校時代、話し合えるような友達がいなく、ほとんど喋らなかったことをカミングアウトしていますが、お父さんは当時そんな事になっているとは気づけなかったようです。

 

司さんは過去に「付属高校が面白くないので別の大学に行きたい」と希望したことがあったのですが、それを叶えてやれず系列校へ進学させたことを、「願いを叶えてやれば良かった」と今も後悔しているようです。

しかし斎藤司さんはお笑い芸人となり苦節10年にして、『M-1』王者に輝きました。

 

お父さんは、「その道の頂点に立ったことは、この上もなく素晴らしいこと」と認めていらっしゃって、ようやく今では安心しているようです。。

 

斎藤司さんプロフィール

名前:斎藤司
生年月日:1979年2月15日(37歳)
出身地:神奈川県横浜市
血液型:AB型
身長:172cm
学歴:日本大学商学部商業学科卒業
趣味:歌 ダンス 歌ウマ芸人と有名!

 

おしまいに

お父さんは、司さんを東大にまで送りたかったようですが、司さんはあまりお勉強の方は得意ではなかったようです。

でも【その道の頂点に立った】斎藤司さんを今は応援しています。

素敵なお父さんですね☆





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です