ガッテン!大腸がん最新検査とは?私も初期症状かブログで報告中!


NHKの『ガッテン!』で【大腸がんにならないぞSP】が放送されましたね。(10月26日 午後7時30分放送)
実は私は放送の翌日、27日に大腸の検査を控えています。
やはり気にはなりますので、視聴いたしました。
私の場合、大腸がんの手術が必要である可能性が極めて高いというわけではないのですが、何年か前から食事すると、すぐにお手洗いに行くようになるなど違和感を感じています。
大腸がんは初期症状がほとんどないので有名ですので油断は禁物です。





もしかして大腸の病気?

 

冒頭でも書きましたが私は、2016年10月27日に大腸の検査を控えています。

病院から、【検査食】というのをもらって来ていますので、丁度『ガッテン!・大腸がんにならないぞSP』の日にそれを食べるわけですね。

※ここから先は食事中の方はご注意下さい。トイレなどの話題となりますm(_ _)m

 

【検査食】を食べた後は、夜9時に下剤を3錠服用します。(それ以降は検査が終了まで絶食となります)

翌日の検査当日の午前9時から、ニフレック(経口腸管洗浄剤)というものを2時間くらいかけてゆっくりと飲みます。

これは、吐き気や腹痛を伴うもののようです。
異常があれば病院へ連絡しなければなりません。

 

下剤とニフレックの影響で何度も下痢を繰り返し、トイレに通うことになりそうです。

この流れは「ガッテン!」でも紹介されていましたね。

 

検査は大腸カメラで行うようですが、睡眠薬か何かを使うようで楽だそうです。(私は睡眠障害があるので効くかどうか微妙ですが・・)

 



スポンサーリンク

なぜ大腸検査を?

 

私は30代前半頃から、ストレスがかかると下痢をするようになりました。

当時は毎週、数日泊まり込む仕事をしていたのですが、仕事場に到着すると下痢をするようになり、それが恥ずかしく、少し早めに到着しておいて近くのスーパーのお手洗いで用を済ましていました。

仕事がそんなに嫌だったわけではないつもりでいたのですが、やはりストレスがあったのかもしれませんね。

前日は眠れませんでしたし・・

 

このあたりから、今思えば異変はあったのかもしれませんね。

当時は普通の人よりも食べるくらいで、食べるのが好きでもありました。

とは言っても太っているわけでも痩せているわけでもありません。

 

だんだん、食べると何かすぐお手洗いに行くようになったなぁ、と思い始めたのは数年前からでしょうか・・。

そのうち、すぐお手洗いに行くようになる上にお腹をこわすことが多くなってきました。

家族にもそれは知られてしまうので、笑われたりもしましたが、そういう人は友達にもいるのだそうで、そんなに気にはしていませんでした。

ネットなどでも調べてみましたが、やはりそういう人はそれなりにいるようです。

 

いよいよ何かおかしいかな?と思い始めたのは、2016年の今年に入ってからくらいです。

特に今年後半以降くらいから、左腹の上のあたりがピクピクと痙攣するようになりました。

そして食事をした後は更に酷くて、何か苦しいような感じがします。(痛むわけではありませんが)

 

やはり下痢をすることは多いので、絶食を試みたりもして様子を見ました。

食べないでいると、お腹を壊すことはありませんので、とにかく食事を少なくしてみました。

私はもう何年も前からほとんど1日1食で、それ以外は「ふんわり」というヤマザキの食パンをかじっているくらいなので、食べないでいるには慣れています。
それと、よく噛むようになりましたね。

外食ではしませんが、噛む速度を上げてとにかく食物を細かく砕いてから飲み込むようにしています。

家族にはリスのようだと言われてしまいました^^;

でもこれは効果あるようですね。
お腹への負担は減ったように感じます。

時間に追われていますので、早く食べ終えることもできますし一石ニ鳥です。(お勧めはしません。食事はできればゆっくり楽しんで食べましょう。)

 

そのようなわけでして、自分なりにいろいろ工夫して体を大事にしています。

私もヒマではないのですが、家族に異変を感づかれたというのもあって、ついに大腸の検査を行うことになりました。

さて、どのような結果になるのでしょうね(´Д`)

「ガッテン!」の内容は?

 

26日のNHK『ガッテン!』では、まず大腸カメラで検査すると、なぜか体全体の調子が良くなると紹介されていました。

・ご飯が美味しくなる
・お肌がきれいになる
・体重の増減を調整しやすくなる

などの効果があるそうですが、特に便秘には良いようです。

便秘の方は大腸の中のどこかに硬い便がひっかかっていて、それが次の食事をする時とまたひっかかるなど悪循環となっているようです。

大腸カメラ検査をする前日は、ニフレック(経口腸管洗浄剤)を数時間かけて飲むのですが、これが強力な下剤で大腸の中をカラッポにしてしまうので、完全にリセットされるのだそうです。

それほど大腸がんが心配ではない人でも、内視鏡検査を受けるというのは、便秘の改善をはじめ、様々な効果があるようです。

 

 

今回の『ガッテン!』では、大腸がんの検査をご専門とする、京都府立医科大学特任教授・石川秀樹先生がお見えになってらっしゃいました。

石川秀樹先生は検査の際、大腸カメラと、謎の【青い液体】を駆使して大腸の中をチェックしていきます。

50歳前後の方の半分の方は、なにかしら小さいポリープを持っているようです。

大腸がんであれば、とても大きいので目に見えてわかります。

 

ポリープには三種類あります。

・まずは悪性ポリープ これががんです。

 

次に良性ポリープなのですが、実は良性には二種類あるのです。

・ただの良性ポリープ

・良性ポリープだけど【腺腫】(せんしゅ)である。

 

この【腺腫】である良性ポリープがあった場合は注意が必要です。

将来、がんになる可能性が高いポリープです。

 

【ただの良性ポリープ】と【腺腫】はパッと見ではわかりません。

そこで謎の【青い液体】を患部に目がけてシュッとスプレーします。

そうすると、同じ良性ポリープであっても、水玉模様のようなポリープと、ウネウネした線の模様のポリープに別れて見えるようになります。

このウネウネした線の模様のポリープが【腺腫】なんですね。

 

ちなみに謎の【青い液体】は薬というわけはなくて、【医療用青色2号】と呼ばれる液体のようです。

かき氷のシロップ、ブルーハワイなど青い飲み物に主に使われるのは【青色1号】と呼ばれています。

実際、スタジオでは【青色1号】に甘みをつけて出演者全員飲んでいましたw

「甘くて美味しい!シロップだよコレ!」との声が相次いでいました^^;

 

【医療用青色2号】は味はつけてありませんが【青色1号】と基本的に同じものです。

【医療用青色2号】をスプレーするだけで、【腺腫】であるか、ただの良性ポリープであるかわかるなんて不思議ですね。

 

石川秀樹先生が大腸検査をする場合、スプレーして【腺腫】であることがわかると、大腸カメラの先端からポリープを挟むハサミのようなものが現れて、それで【腺腫】を根本からギュウゥッとつまみ、電気で焼き切ってしまいます。

これでしばらくは安心です。

 

50歳前後の方が大腸カメラ検査をした際、ただの良性ポリープしか見つからなかった人は5年くらいは検査をしなくても大丈夫なようです。(大腸がん検診はなるべく受けた方が良いです。)

【腺腫】が見つかった人は1~3年に一度、大腸検査を受けて、腺腫があればその都度、切り取ってしまいましょう。

これで大腸がんになることは、ほぼなくなります。

 

大腸がんの検査後、お医者さんに、「良性ポリープしかありませんでしたよ。」と、言われてもまだ安心とは言えません。

こちらから、「良性ポリープに腺腫はありませんでしたか?」と、訪ねてみましょう。

もしあったり、わからないという診断でしたら、京都府立医科大学特任教授・石川秀樹先生のように大腸がん検査専門の医師による検査をもう一度受けた方が良いです。

 

また、腺腫のある方でも、アスピリンという薬を何年か服用し続けると、大腸がんにかかりにくくなるとのことです。

こちらも大腸がんの専門医に相談してみると良いかもしれませんね。

 

大腸がんの初期症状

 

  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 便が細くなる
  • 腹痛が起きる
  • 便が残っている感じがする
  • お腹が張っていると感じる
  • お腹にしこりがある
  • 貧血が起きやすくなった
  • 嘔吐するようになった
  • 急に体重が落ちている

 

他にも肝心な症状があるのですが、このブログではグーグルさんのご都合上書けません。

気になる方は早期検査をお勧めいたします。

大腸がんは、1年間にかかる人数が去年、胃がん、肺がんを抜いて1位となっていますが、早期発見できれば再発の可能性の低いがんだそうですので・・。

 

追記:大腸検査に行って参りましたが、ポリープは発見できず、異常なしとのことでした。

しかし相変わらず、左腹上の痙攣やひきつりは続いています。
食が細くなり、お腹を壊しやすいというのも相変わらずです。

10月28日(金)の新番組『その原因、Xにあり!』では、「むくみ腸」の症状を取り上げていましたが、もしかすると「むくみ腸」である可能性もあるかもしれません。

番組内で、正常な大腸とむくみ腸の画像を比べていたのですが、どうも自分はむくみ腸の状態に似ているように感じます。

要介護の母の往診の先生が近々来られるので相談してみようと思っいます。。

 

⇒ むくみ腸治療にはしょうがココア!作り方とは?

 

 

おしまいに

NHK『ガッテン!』【大腸がんにならないぞSP】は、10月26日(水)午後7時30分放送されました。

【ガッテン!番組内容】

毎年5万人と言われる大腸がん。実は、最新の検査をうまく利用すれば、「がんにならない体」を手に入れられるんです。オマケに便秘まで治しちゃうという方法を大発表!

日本でいま大腸がんになる人が急増中。でも、ある検査を受けると、将来「大腸がんになりやすいか、それともならないか」が一発でわかると言います。その秘密は「良性ポリープ」にありました。良性ポリープが「がん体質」を教えてくれるんです!もし、なりやすいとわかった場合でもご安心。

大腸がんにならない対処法があるんです。アメリカで大腸がん患者をピークの2/3に激減させた最新の検査方法をお伝えします!

引用:http://tv.yahoo.co.jp/

 






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です