ピコ太郎の正体は古坂大魔王でトリオ?ねずみ先輩か元ボキャブラ芸人か!

ggiiu

「PPAP」ペンパイナッポーアッポーペン!のピコ太郎さん、今大人気ですよね!!
ピコ太郎さんの正体気がなります。
今回は自分のためにもリサーチしたくて仕方ありませんw  画像出典:https://twitter.com/





ペンパイナッポーアッポーペン

 

youtubeでの週間再生回数世界一を記録したピコ太郎さん。

ピコ太郎さんを一躍世界的に有名にした「PPAP」こと「ペンパイナッポーアッポーペン!」は再生回数、数千万回です!

youtuberとして広告収入を得ていれば一躍お金持ちです。やらかしましたよね~

 

ピコ太郎さん、実は正体は【鼠先輩先輩】なのではないかと言われていますが、どうやら違うようです。

 

なぜこのような噂があるのかというと見た目がそっくりだからみたいです。

髪型とかがよく似ているので【鼠先輩先輩】に見えてしまうのですね。

でも声も違いますし、そもそも音楽のジャンルが全然違います。

 

♪こちらがピコ太郎さんのPPAP

 

 

♪こちらが鼠先輩先輩?

ピコ太郎さんプロフィール

 

名前:ピコ太郎 または古坂大魔王
本名:古坂 和仁(こさか かずひと)
ニックネーム  :こっつぁん
生年月日:1973年7月17日(43歳)
出身地:青森県青森市
血液型:    A型
身長:186cm
最終学歴 :青森県立青森東高等学校卒業

 

ピコ太郎さんの正体は古坂大魔王さんです。

実は過去にトリオで活動していた時期があるのですね。

 

古坂大魔王という名前に聞き覚えがいる方もいるかと思います。

30~40歳以上の方々になるでしょうか。

 

90年代の人気テレビ番組「タモリのボキャブラ天国」で古坂大魔王さんはトリオの一人として活躍していました。

トリオの名前は「底ぬけAIR-LINE」といいます。

 

「底ぬけAIR-LINE」は古坂 和仁さん、小島 忍さん、 村島 亮さんの三人で構成されています。

この中の古坂 和仁さんが現在のピコ太郎さんとなり、そして古坂大魔王さんでもあります。
「底ぬけAIR-LINE」は村島 亮さんが1997年頃に脱退をしてニ人になりました。

その後もコンビで活躍していたのですが、2003年に「底ぬけAIR-LINE」はお笑い活動を終了してしまいます。

 

古坂 和仁さんと小島 忍さんはその後、音楽活動に専念して、2003年以降、ノーボトムというテクノグループを結成して活動を続けていきます。

「サンバ・ジャ・ネイヨ・ネブタ・ダヨ 2004」という曲が一部では人気になりました。

 

しかしながら、長年連れ添ってきた小島 忍さんがノーボトムを脱退してしまいます。

理由は、「ゲーム開発のプロデューサーになったため」だとか。

小島 忍さん、そんなスゴい人物になれたのでしょうか???

その後が気になりますね。

 

小島 忍さん、もしかすると脱退したことをちょっと残念に思っているかもしれませんね。

でも古坂 和仁さんは一人になったから【ピコ太郎」が生まれたのですよね。たぶん・・。

 



スポンサーリンク

 

ノーボトムに戻りますが、鈴木亜美さんの楽曲リミックスを手掛けたりと結構幅広く活動していました。
しかし古坂 和仁さん、音楽活動の方は行き詰ってしまったようで、2008年にはまたお笑い活動を再開するのですね。

2010年に単独ライブを開催したり、出身地である青森市の観光大使を務めたりしながら現在に至ります。

 

そして今年201年、古坂 和仁さん、セットに自腹10万円を注ぎ込んでペンパイナッポーアッポーペンこと「PPAP」を公開、見事に大ブレイクとなりました!

 

更には世界的に有名なカナダのポップミュージシャン、ジャスティン・ビーバーさんにツイートされることで一躍世界的にも有名になります。

ジャスティン・ビーバーさんがツイートしなければ今のピコ太郎さんはないかもしれませんね。

何がきっかけになるかわからないものです。

 

【ペンパイナッポーアッポーペン】は女子高生をはじめ、10代にウケで凄いことになっています。

ホント今時の学校では誰でも知っているのですよね~。

ご存知ないのは仕事で手一杯の大人以上の方々かと思います。

この間、さんま御殿で、テリー伊藤さんとかもあまり知らなかったようですし・・。

 

言葉の壁を乗り越えてブレイクするには、誰の心にもひっかかる何かがなければならないと思います。

トークとか理屈ではなく、響きとかパフォーマンスとか、見た目がインパクトあるとか、そういうことだと思いますね・・。

 

 

 

古坂 和仁さん、【古坂大魔王とピコ太郎は同一人物】というのは隠していたわけではないようですが、土田晃之さんが、「はい古坂大魔王!」とバラしてしまったのですね。

実は芸人さんの間では昔からかなり有名な方なんですね。。

 

 

PPAPは今後どうなる?

 

それにしても古坂 和仁さん、「我が道を行く!」ですね。

何があっても、何年ブレイクしなくてもあきらめません。

そしてついにやらかしたのですね!なんだか涙が出てきます(T_T)

 

「PPAP」は音楽×お笑いが見事に調和して成功したのでしょうね。

近年ではオリエンタルラジオの「PERFECT HUMAN」が大ブレイクするなど、本当に音楽とか踊りとか、原始の頃からあるパフォーマンスで、大ブレイクとなりますね。

世界の人々の心にとまるわけですから当ると本当にデカいです。
いや~、時代は変わりましたね!

爆笑問題とか浅草キッドのような博識さとかではないんでしょうね。きっと・・

 

しかも動画は見ている時間自体は1分くらいと短いです。
簡単な英語のみでのシンプルな構成が外国人にウケているようですね

最近は、「PPAP以外はつまらない。面白くない。」といった否定的な意見も目立ってきて、一発屋で終わる可能性もありますが、その一撃で大富豪という可能性もあるわけです。(広告収入していれば)

いや~、ドリーミンですね~、youtubeは!

 

 ♪こちらは最近のネタ、「ネオ・サングラス」

日本語の動画も多いですね。(あたりまえですが・・)

確かに鼠先輩に似ている作品もあります^^;

 

追記:ピコ太郎さん、まさかとは思っていましたがyoutubeで広告収入を得ていなかったのですね(>□<)
大金持ちになるチャンスでしたのに・・(T_T)

 

おしまいに

2016年年末のかくし芸や、忘年会シーズンではピコ太郎さんの「ペンパイナッポーアッポーペン」が流行るかもしれませんよね。

世界的なヒットを続けるには英語です、英語!誰からでもアドバイスを頂いて英語で行きましょう♪

最後までお読み頂きありがとうございました。





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です