【非情】12球団戦力外通告計85人!その後行われるトライアウトとは!?【2016】復帰なるか!

プロ野球の2016年第1次戦力外通告が10月1日から始まりました(T_T)
第1次通告期間はクライマックスシリーズ(CS)開始前日の7日まで。
第2次通告期間はCS全日程終了翌日から日本シリーズ終了翌日までとなります。
12球団合同トライアウトは11月12日に甲子園で行われます。(雨天の場合は翌13日に鳴尾浜球場)





非情“肩たたき”

 

10月1日のスタートからちょうど1週間目の昨日、10月7日をもって「戦力外通告」の第1次期間が終了しました。

12球団総勢85名が来季の契約を結ばない旨を告げられました。

巨人から最多の17選手(自由契約6選手を含む)が発表され、リーグ制覇を果たした広島、日本ハムは、この段階ではそれぞれ2選手となっています。

やはり戦績がひびくのですね。

85名をポジション別に見てみると、53名が投手。捕手が4名で、内野手が13名、外野手が15名という内訳になります。

年齢は、上は39歳から下はなんと19歳の選手までいます。厳しいですね。

 

このあと育成選手として再契約を結ぶというパターンもありますが、現役続行を希望する選手の多くはトライアウトを受験するのが一般的です。

今年は11月12日に甲子園で開催される予定となっており、選手たちの今後の動向にも注目があつまります。

 

 

第1次通告は10月1日から全球団のレギュラーシーズン終了の翌日まで。
ただし、2011年シーズンは東日本大震災に伴い開幕が繰り下げられた関係で10月9日からとなりました。

第2次通告はクライマックスシリーズ全日程終了翌日から日本シリーズ終了翌日まで。
ただし日本シリーズ出場チームは日本シリーズ終了の5日後までに行われます。

 

 

◆トライアウトとは

トライアウト(tryout)とは、本来は適性検査・試験興行を意味します。
一般にスポーツ競技の団体に加入を希望する選手が、団体関係者の前で自己の能力をアピールし、契約を目指す場のことをトライアウトといいます。
スカウトとの違いは、チームが相手に【来て欲しい】と礼を尽くして頼むのに対し、こちらは希望者がチームに志願する点です。

【出典:Wikipedia】

 

 

 



スポンサーリンク

第1次通告期間で戦力外となった選手

 

 

投手(53名)

 

呉屋開斗(中日/19歳) ※育成
石垣幸大(中日/20歳) ※育成
児山祐斗(ヤクルト/21歳)
田原啓吾(巨人/22歳) ※育成
高橋慎之介(巨人/22歳) ※育成
田川賢吾(ヤクルト/22歳)
坂田将人(ソフトバンク/23歳)
田中太一(巨人/23歳) ※育成
トラヴィス(阪神/23歳) ※育成
西川健太郎(中日/23歳)
川崎貴弘(中日/23歳) ※育成
森本将太(オリックス/24歳)
成瀬功亮(巨人/24歳) ※育成
田中大輝(巨人/24歳) ※育成
岩本 輝(阪神/24歳)
川満寛弥(ロッテ/25歳)
中崎雄太(西武/25歳) ☆弟は広島の守護神
山下 峻(DeNA/25歳)
坂寄晴一(オリックス/26歳)
角屋龍太(オリックス/26歳) ☆「ベンツで入寮」が話題を呼んだドラ8ルーキー
吉原正平(ロッテ/27歳)
山口嵩之(西武/27歳)
大田阿斗里(オリックス/27歳)
土田瑞起(巨人/27歳)
ウーゴ(巨人/27歳)
木谷良平(ヤクルト/27歳)
宮田和希(西武/28歳)
中元勇作(ヤクルト/28歳)
大塚 豊(日本ハム/29歳)
高堀和也(楽天/29歳) ※育成
萬谷康平(DeNA/29歳)
寺田哲也(ヤクルト/29歳)
鶴 直人(阪神/29歳) ☆05年・高校生ドラフト1位
二神一人(阪神/29歳) ☆09年ドラフト1位
安部建輝(DeNA/30歳)
須永英輝(日本ハム/31歳)
木村優太(ロッテ/31歳) ☆08年のドラ1左腕
長谷部康平(楽天/31歳) ☆07年の大社ドラフトで5球団が競合
金 無英(楽天/31歳)
山内壮馬(楽天/31歳) ☆07年・大社ドラフト1位
白仁田寛和(オリックス/31歳) ☆07年・大社ドラフト1位
小嶋達也(阪神/31歳) ☆06年・大社ドラフト希望枠
大場翔太(中日/31歳) ☆07年・大社ドラフト1位
香月良仁(ロッテ/32歳) ☆兄も戦力外に…
阿南 徹(巨人/32歳)
矢貫俊之(巨人/33歳)
伊藤義弘(ロッテ/34歳) ☆通算257試合に登板
香月良太(巨人/34歳) ☆弟も戦力外に…
筒井和也(阪神/35歳) ☆03年の自由枠入団
久保裕也(DeNA/36歳) ☆通算427試合に登板
長田秀一郎(DeNA/36歳)
新垣 渚(ヤクルト/36歳) ☆通算101の暴投は歴代3位
久本祐一(広島/37歳)

 

捕手(4名)

 

小林大誠(巨人/22歳) ※育成
芳川 庸(巨人/23歳) ※育成
星 孝典(西武/34歳)
田中雅彦(ヤクルト/34歳)
内野手(13名)

 

大坂谷啓生(楽天/24歳) ※育成
河野大樹(ソフトバンク/25歳) ※育成
坂口真規(巨人/26歳) ※育成
青松慶侑(ロッテ/30歳)
内村賢介(DeNA/30歳)
坂 克彦(阪神/31歳) ☆希少な“近鉄戦士”
岩崎達郎(楽天/32歳)
原 拓也(オリックス/32歳)
大松尚逸(ロッテ/34歳) ☆かつての4番
柳田殖生(DeNA/34歳)
田中浩康(ヤクルト/34歳) ☆12年のベストナイン
木村昇吾(西武/36歳) ☆FAからテストでの入団も…
後藤光尊(楽天/38歳) ☆NPB最後の“青波戦士”
外野手(15名)

 

北之園隆生(巨人/21歳) ※育成
高橋 洸(巨人/23歳) ※育成
渡辺雄貴(DeNA/23歳)
川上竜平(ヤクルト/23歳) ☆11年ドラフト1位
榎本 葵(楽天/24歳) ※育成
一二三慎太(阪神/24歳) ※育成
青山 誠(巨人/25歳) ※育成
長江翔太(巨人/25歳) ※育成
松井 淳(ヤクルト/29歳)
柴田講平(阪神/30歳)
井手正太郎(DeNA/33歳)
中村一生(オリックス/34歳)
中東直己(広島/35歳)
竹原直隆(西武/36歳) ☆貴重な「左投右打」
多村仁志(中日/39歳) ※育成 → 現役引退を表明

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

最後に

悲しいですが、これがプロ野球選手の宿命なのですね。
なお前年度よりトライアウトは1回のみとなりました。今年の発表はまだ行われていませんが、変更の予定は無いと思われます。
戦力外・自由契約選手と各球団の契約は合同トライアウト終了後順次可能となります。





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です