オリオン座流星群2016年こそは見なきゃ損☆初心者におすすめの理由とは?


guutu89
天体観測ってしたことありますか?何を隠そう私はあまり経験がありません。
そんな私やアナタにもぜひお勧めなのが『オリオン座流星群の観測』です。
どこからでも観測しやすく初心者の方にもオススメですよ!今年の秋は、ぜひ流星を探してロマンチックな気持ちに浸りましょう☆ 画像出典:http://www.astroarts.co.jp/





観測しやすい時間は?

 

今年2016年、オリオン座流星群が最も観測しやすいと言われているのが、10月21日の深夜0時から明け方にかけてです。

ただしこの日は、月齢が、19で満月過ぎの月明かりがあり、月を目に入れないよう工夫する必要があります。

実を言うとのオリオン座流星群のピークは、10月21日(金)14時です。
真っ昼間ですね。

 

この時間帯の前後24時間位は、いつでも流星群を見ることができます。
ただし、街の明かりや月の光はどうしても邪魔になってしまいます。

 

鮮やかに流星群を見るためには、月が沈んだ真夜中を狙うべきです。
そんなわけで2016年は、

10月21日(金) 0時~
10月22日(土)  ~4時

をオススメいたします。

 



スポンサーリンク

オリオン座流星群というのは何?

 

そもそもオリオン座流星群は速度が速いため、比較的明るく見える流星群の一つです。

全流星群の中でも2番目に速く、明るいため、ペルセウス座流星群や獅子座流星群などと並び、初心者でも観測しやすく人気のある流星群です。

毎年観察されるのは、10月半ば頃。そう、毎年観測できるんです。

『オリオン座流星群』は母天体である『ハレー彗星』の塵、つまりかけらであると言われています。

 

ハレー彗星は聞いたことある方も多いかと思います。

とにかく大きくて明るいというのが一番の特徴です。

その彗星から作りだされる流星なのですから、大いに期待できるわけですね☆

 

 

 

 

観測できる見える方角は?

 

オリオン座流星群を見るには難しく考える必要はありません。

簡単に言えば市街地の明かりを避けた暗い所から東の大空を見上げればどこを見てもOKなのです!

 

オリオン座流星群の放射点、つまり星が放射状に流れる中心点は東の空にあります。

星座で言えばオリオン座の中、ふたご座との境界の辺りです。

ただ、流星は放射点から90度以上離れた場所で発光する場合もあるので、全天を観察するつもりで臨みましょう。

夜が良いですよ、やはりもちろん。

 

東の空をよく見上げて探すと、同じ明るさ、同じ間隔で並んだ3つの星が見つかります。
これさえ見つけることができれば、後は簡単です☆

3つ並んだ星の左上に、更に明るく、赤く輝く星を見ることができると思います。

この星の名前が「ペテルギウス」と言います。

 

オリオン座流星群は、このペテルギウスの左上が中心点になります。

その点を中心として、流星が放射線状に流れます。

ここでポイントなのが、流れ方が放射線状というところです。

放射線とは、中心からあちらへこちらへと四方八方へ伸びた状態です。

ですので、実はどこを流れるのかを詳しく捉えることはできないんですね。

 

一番良いのは、シートにでも寝転がって日頃の喧騒を忘れ、夜空全体をおおらかな気持ちで眺めることですね☆

 

観測できる地域は?

 

オリオン座流星群は、東の空全体の話になってきますので、地域によっての見え方の違いはありません。

しかし、月の明るさや雲、またその日の天気などには大きく左右されてしまいます。

 

雨が降っていたり、曇っていたりすると見えません。

天気予報だけはしっかりチェックしておく必要があります。

 

また都会や市街地では、街灯の明るさに邪魔されてキレイに見えないこともあります。

しっかり観測するのであれば、山手の静かな場所へ行く事をオススメします。

 

初めて観測という方は?

 

★明かりを避けましょう

 

星の観察の大敵は明るい街の明かりや月明かりです。

星の光はとってもささやかなものです。肉眼でしっかりと流星群を捉えるためにはなるべく郊外の明かりが少ない場所を選ぶのがおすすめです。

やはり街頭のない山がいいですかね。

 

どうしても暗い場所が確保できない場合は、街灯の光や月明かりに背を向け、光を避けるように観察してみましょう。

今年のオリオン座流星群出現のピーク時は月齢が高く、月があまり明るくないのでチャンスですよ☆

 

★15分以上観察を続けましょう

 

市街地や住宅街ではどんなに暗い所を選んでみても、明かりのために流星の小さな光を見逃してしまうこともあり、たくさん観察することはできません。

少なくとも15分以上は夜空を眺め、流星を探して見ましょう。
日頃、時間に追われて生活している方にとっては、無為 に時間を使うというのもとても贅沢で良いものですよ。

 

★防寒対策を忘れずに

 

オリオン座流星群を見る時に一番に注意するべきことは防寒です!

オリオン座流星群が見頃の10月の夜は、冷え込むことも多くなります。天気の良い時は特に放射冷却によって気温が下がります。

温かい飲み物やおやつもあるといいですね。

 

それから夜空の観察に便利なのが星座早見盤

小学校の時に誰でも一度は手にした事がある円盤状のシートです。蓄光や蛍光機能のあるタイプなら暗闇の中でも星座探しを楽しむことができそうですね。

最近では、星座アプリ等もあるので探してみて下さい。

 

他にも、 レジャーシート、折りたたみイス、双眼鏡、懐中電灯、方位磁石もあると非常に便利ですね。

懐中電灯は、前もって赤いセロファンを貼っておくと周囲の人の邪魔になりません。

 

また、人は明るい所から暗いところに行くと、しばらくは暗くて何も見えませんが、徐々に目が慣れて物が見えるようになります。

目が慣れないうちは小さな星の光をはっきりと見ることはできません。

暗い屋外に出て10分以上は暗闇に目を慣らしておきましょう。

 

まとめっ
  • ピークは10月21日(金)14時前後24時間は活動が盛ん。21日(金) 0時以降が良いでしょう。
  • オリオン座を見つけるのは東の大空
  • 街や月の明るさは邪魔になるのでなるべく暗いところへ。
  • 観測には防寒が必須!
  • 初心者におすすめで毎年見れる『オリオン座流星群の観測』ですが、今年は月齢が高く、月があまり明るくないのでチャンスなのであります☆

では星に願いを♫ 楽しい時間を満喫して下さいね~






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です