飯島三智の退社理由と現在は?木村、香取の確執のせいじゃない!?復帰はなるか。


fuyu80

SMAP育ての親として知られる元ジャニーズ事務所、飯島三智(いいじま みち)さん。
ご結婚はされておらず、SMAPを我が子のようにすべてを注いでこられた方です。
特に飯島さんを母のように慕っていた香取慎吾さんは、どうしても木村拓哉さんの【裏切り】を許せなかったようですが、飯島三智さんの思いはまた別にあるようです。 出典:https://twitter.com/  http://laughy.jp/





SMAPへの思い

 

飯島三智(いいじま みち)さんは、知人づてでジャニーズ事務所に入社し、スマップの映像作品を手がける『ジェイ・ドリーム』の事務職として働いていました。

飯島さんが後に担当することとなるSMAPが誕生したのは、ジャニーズアイドル全盛期、光GENJIが終わりかけの頃です。

 

光GENJI以降は、アイドル氷河期と呼ばれた時代で、当時SMAPは世間にほとんど知られておらず、マネージャーもついていないような放置状態でした。

 

それを見かねた飯島三智さんが彼らを世話をしていくようになります。

そんな飯島さんをジャニー喜多川社長は見ていたのか、正式に打診があり、SMAPのマネージャーを引き受けるようになりました。

 

当初は給料すら発生しない、いわば【無償の愛】からのスタートだったのですね。

ジャニーズ事務所からは衣装すら支給されず、飯島さんが自腹で古着屋で似たような服を買ってきて、徹夜で6人分の衣装を用意したというエピソードまであり、デビュー当時11歳だった香取慎吾さんには勉強まで教えていてそうです。

 

香取慎吾さんが飯島三智さんを母親のように慕うのはわかる気がしますね。

 

 

 

飯島三智さんはSMAPを精力的に芸能界へ売り込んでいき、方々に頭を下げて仕事をとってきました。

アイドル活動だけではなく、俳優・バラエティ・MCなどジャンルにこだわりませんでした。

 

80年代末までは『ザ・ベストテン』『歌のトップテン』『夜のヒットスタジオ』といった歌番組が多く、アイドルは歌とダンスのみに専念することができました。

しかし90年までに歌番組は相次いで終了し、アイドルは主戦場を失っていきました。

88年に活動を開始したSMAPは自分達で新たなステージを開拓するしかなかったのです。

 

 

ドラマやバラエティなどで共演NGなしで、 【ジャニーズは子役でも主役】が当たり前だった時代に二番手、三番手の仕事も取り、SMAPは仕事の幅を広げていきました。

木村拓哉さんが売れたきっかけが、三番手の『あすなろ白書』(フジテレビ系ドラマ)からです。

 

この後、SMAPは木村拓哉さんに続くかのように次々とメンバーが売れて、かつて類を見ない大ブレイクを果たします。

それまでの綺羅びやかで雲の上のような存在だった【アイドル】は一掃され、時代は新しく塗り替えられました。

 

そしてアイドル生命は4~5年で終わるという概念をも覆し、長寿アイドルとしても成功を収めます。

アイドルに新たな【道】を作ったのは飯島三智さんとSMAPだったといっても過言ではありません。

 

後続のジャニーズアイドル、V6TOKIOなどはスマップをお手本としています。

まさにSMAP以前、SMAP以後とわけることさえ出来るのです。

 

 

 

 

しかし、それでもジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長は、SMAPは正統派のアイドルではないと言います。

 

メリー喜多川副社長が正統のジャニーズトップアイドルに位置づけているのは、近藤真彦さんのようなタイプのようです。

 

SMAPは歌も踊りも上手いわけではなく、華もない異端の存在だったのです。

 

そんなことはどうでもいいですけどね。正統とか異端とか。

実際、私自信はアイドルはカッコつけすぎで、凄くニガテでした。

そのメンタルブロックをごく自然に取り払ってくれたのがSMAPだったのです。

 



スポンサーリンク

 

独立に失敗した1月

 

飯島三智(いいじま みち)さんは今年1月、SMAP5人と新たに事務所を立ち上げようとしましたが、木村拓哉さんが自分の立場を優先し、土壇場で独立に失敗したと言われています。

これにより、飯島三智さんは一人、ジャニーズ事務所から追放されてしまいます。

 

飯島三智さんを母のように慕っていた香取慎吾さんは木村拓哉さんの【裏切り】が許せないのは当然かもしれません。

解散・独立騒動後、取り返しのつかないほどメンバー間に亀裂が生じていきました。

 

メンバー同士の問題だけではなく、飯島三智さんと、木村拓也さんが不和だったという説もあるのですが、20数年来一緒にやってきた仲間でもあり、木村拓也さんをトップアイドルに押し上げたのは飯島三智さんの手腕によるものです。

あまり打ち解けない印象のある木村拓也さんですが、特に飯島三智さんと不仲というわけではないようです。

 

 

 

木村拓哉さんには来年公開予定の映画があり、それに事務所の関連の会社が関係していたのも多く、あの段階ではまだ離れる事はできなかったとも言われています。

【裏切り】とネットでは広まってしまっていますが、木村拓哉さんの立場であれば、仕事の関係者に迷惑かけることになってしまうので当然の判断とも言えます。

 

奥さんの工藤静香さんが、収入が減る可能性があるから独立に猛反対したという話もあり、それもそうかもしれないのですが、もっと大人の事情で仕方がなかったのかもしれません。

 

 

飯島三智さんはSMAPに、

「ジャニーズに残りなさい」

と告げ、一人身を引いて退社します。

 

ジャニーズの幹部であった飯島三智さんにとっては、内情も知り尽くしているがゆえの最終決断だったのではないでしょうか。

 

 

飯島三智さんの現在とこれから

 

飯島三智さんはジャニーズ退社後、

「芸能界の仕事はしていません」

「SMAPメンバーとは一度も連絡を取っていない」

と発言しています。

 

一部では、莫大な退職金と引き換えに、芸能の仕事からの完全引退やSMAPと関係を断つという条件を飲まされたとの報道もありました。

 

退社後は、中国資本の大手総合免税店に勤務し、そこで中国人観光客向けのプロモーションやカタログ制作などを行っているなど、いろいろな情報が飛び交っていましたが、ジャニーズ事務所の人間は誰も飯島三智さんとは連絡取っておらず、むしろ彼女の動向がつかめずに困っていたほどだったようです。

 

ところが7月下旬、飯島三智さんは、都内・セルリアンタワー東急ホテルで『田辺エージェンシー』社長・田辺昭知氏と面会を行っていたことを、週刊誌が報じました。

 

7月末といえば、SMAPの5人が事務所と解散について二度目の個別面談をしていた時期と重なります。

 

田邊昭知社長との面会について週刊誌の取材に飯島三智さんは、

「芸能の仕事のことではないです」

と応じていましたが、【芸能界のトップ】と称される田邊社長とわざわざ会って話すということは、やはり何かしらの考えがあったからではないかと言われています。

 

 

田邊昭知社長は、1月の独立騒動の時に何度か名前が出てきたので、覚えている方も多いかと思いますが、ジャニーズを離れたSMAP4人が移籍するのは、かねてから『田辺エージェンシー』ではないかと業界内で噂されていました。

『田辺エージェンシー』にはあのタモリさんも所属していますが、タモリさんといえば中居正広さんや香取慎吾さんやにとっても『笑っていいとも!』で育ててもらった最大の理解者として有名ですね。

 

 

さらに業界では飯島三智さんは、【完全引退】したのではなく、現在は【謹慎中】と見立てています。

芸能界には【タレントは退社後、1年間活動を謹慎しなければならない】という不文律が存在しており、飯島三智さんもこれを意識しているとされています。

飯島三智さんの【謹慎】は、あと5カ月ほどで解けることになり、芸能界に戻ってくるとみられています。

 



スポンサーリンク

 

2016年今年いっぱいでSMAPは解散しますが、2017年9月の契約更新時まではメンバーはソロ活動を続けます。

ジャニーズに籍を置くことにはなりますが、なにしろハッキリ解散と決まってしまったのではもう【SMAP】という看板は使えません。

SMAPと名のつく番組は消えていくのです。

 

木村拓哉さん以外のソロ活動に力を入れるはずもなく、一度造反した4人は事務所に残ろうが出て行こうがどうでもいいとなってきます。

 

それゆえに2017年9月以降は木村拓哉さん以外のメンバーはジャニーズを退所して飯島三智さんと合流する可能性が高いと噂されています。

 

ただし、【タレントは退社後、1年間活動を謹慎しなければならない】などいろいろありますので、すぐに実現するかどうかはわからないのですが。。

 

 

ジャニーズを辞めても芸能界で生きていくには、それに負けないくらいのパワーを持った事務所のバックアップが必要です。

4人が辞めた場合、ジャニーズ所属タレントとの共演はNGとなりうるので、テレビ局側も扱いにくくなります。

 

来るべきその日のために飯島三智さんは、【最高の環境】を密かに整えているのかもしれません。

 

 

キムタクは蚊帳の外だった

 

SMAPのメンバーはTVでは解散に関する会見は行っていませんが、8月21日までにラジオでは各自パーソナリティを務めている番組で報告をしています。

しかし全員、番組冒頭の30秒から1~2分言及するのみで、その後は通常通りの番組進行となりました。

 

解散に至るまでの経緯は正式には誰も真相を語っていないのです。

 

5人は解散発表後、まだ実際には顔を揃えていません。

 

 

木村拓哉さんは、【グループ活動はあくまで休業するだけ】という認識のもとで、8月上旬に夏期休暇を取り、家族連れでハワイにいました。

解散は木村拓哉さんのいない時に香取慎吾さんが中心となり、ジャニーズ事務所に強く要望して決定されたのです。

 

木村拓哉さんはハワイにて、

「解散なんて聞いてない!」

「こんな終わり方なんて信じられない」

と立ち尽くしました。

 

 

木村拓哉さんは、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)8月24日の収録に向けて、22日に日本に帰国すると言われています。

 

いったいどのような気持ちで全員揃うのでしょうか。

SMAPのメンバーはこの数ヶ月間、大変な思いで芸能活動をしていたことがよくわかります。

 

⇒ ハワイにいた木村拓哉、SMAPを裏切ったのはどっち!?

 

最後に

香取慎吾さんは、8月20日の生放送、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)でも解散については何も触れず、翌日の草なぎ剛さんとのラジオ 番組、『SMAP POWER SPLASH』(bayFM)では非常にだるそうに番組進行していました。(この番組ではいつものテンションかもしれませ んが^^;)

メンバーの気持ちを思うと、とても気持ちが重苦しくなります。

このような状態ではとてもグループを続けていくのは無理でしょう。

SMAPがこうなってしまったのは、誰かのせいというわけではなく、流れとしてやむを得ないことだったのかもしれません。






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です