ケンブリッジ飛鳥っ所属会社ドームから1億円!? 父母、妹、筋肉がスゴい!超イケメンで彼女は?


AS20150419001489_comm
出典:http://www.asahi.com/

男子100メートル決勝で10秒16で優勝し、リオデジャネイロ五輪代表に内定したケンブリッジ飛鳥選手
リオ五輪では決勝進出と日本初の10秒の壁突破が目標で、9秒台なら所属先『ドーム』から1億円のボーナスがもらえるんだとか、イケメンすぎると話題ですね~
今回はそんなケンブリッジ飛鳥さんの両親、妹などの家族構成やスゴすぎる腹筋、筋肉はどうつくられたのか、エピソードをまとめました。





9秒台を出したら1億円!

 

突如彗星のごとく現れた超イケメンのスプリンター、ケンブリッジ飛鳥アントニオ選手、23歳。

そういえば、6月29日に巨人中日戦始球式を務めるとの発表もありました。
今やスーパースターですね!

 

陸上短距離というと海外で9秒台を出した桐生祥秀選手が注目されてましたが、6月25日に行なわれたリオ五輪代表選考を兼ねた日本選手権で山縣亮太桐生祥秀両選手との壮絶なデッドヒートを制して10秒16のタイムで優勝し、見事リオ五輪代表に選ばれました。

 

降りしきる雨の中、条件が良かったとは言えない中での走行で目標の9秒台には届かなかったものの充分にその可能性を感じさせる走りを見せてくれました。

ケンブリッジ飛鳥選手は従来の日本人にはなかなか出せなかった走りの切れと瞬発力、並外れたセンスで陸上界を大いに賑わしています。

 

今年3月に日本大学理学部を卒業し、就職した所属先『株式会社ドーム』は、スポーツウェアブランド『アンダーアーマー』の日本総代理店です。

そこではなんと、9秒台を出したら1億円のボーナスが出るんだとか!

 

これを聞いた時にケンブリッジ飛鳥さん最初は、運転免許証の取得後に車のジャガーのSUVの購入資金に使用・・、などモチベーションは確かに上がったそうですが、もともと1億円という条件がなくても
9秒台を目指しており、思わぬ報酬ではあるけど貰えれば「ラッキー!」くらいうだと無欲になっているそうです。

確かに、1億円、1億円とか考えているより、むしろ無欲でいる方が気楽そうですよね。
『株式会社ドーム』の大前祐介コーチ(34)は「『9秒8台を出して初めて価値がある』とケンブリッジ飛鳥は言っていた」と明かしています。

 

陸上100メートは陸上の中では格別。十分に1億円の価値ありますよね。

男子100メートルの世界記録はウサイン・ボルトが持つ9秒58。

ケンブリッジ飛鳥選手のベストタイムは10秒10ですから、まだまだ世界の壁は高いですが、リオでどんな走りを見せてくれるか大いに期待が持てますね!



スポンサーリンク

ケンブリッジ飛鳥アントニオさん プロフィール

 

苗字:ケンブリッジ飛鳥
名前:アントニオ
生年月日: 1993年5月31日(23)
出身:ジャマイカ生まれ 二歳から日本育ち
身長: 180cm
体重: 76.5kg
中学: 江東区深川第三中学校
高校: 東京高等学校
大学: 日本大学
所属:『株式会社ドーム』 ドームトラッククラブ
家族: 父・ジョージさん(49) 母・景子さん(52) 妹・沙紗(サシャ)さん

 

フルネームは「ケンブリッジ飛鳥 アントニオ」ケンブリッジ飛鳥は苗字なんですね。

100mで日本歴代9位の10秒10(2016年) 200mで20秒62(2016年)の自己ベストを持っています。

2013年東アジア大会日本代表。尊敬する選手はウサイン・ボルト

ケンブリッジ飛鳥アントニオさんのご両親の国籍について調べてみたところ、お父さんはジャマイカ人で、お母さんは日本人でした。

ジャマイカで二歳まで過ごし、その後日本で育っています。

 

父親はレゲエのシンガーだと言われていますね。本当なんでしょうか??

画像は見当たらなかったのですが、ドレッドヘアのザ・ジャマイカンって感じの方のようですよ。

ジョージさんはスポーツ選手というわけではなかったようですが、あのウサイン・ボルト選手を始めとした短距離走のスターたちを量産しているジャマイカの血が半分流れています。

ずば抜けた身体能力は【ジャマイカの血】と言わざるを得ませんね。

もちろん日本選手としてリオ五輪に出場していただきますけど(^-^)v

 

ケンブリッジ飛鳥さんの出身中学や高校、大学について調べてみたところ、出身中学は、2年生までは大阪市立淀川中学校に通い、その後東京に引っ越し、深川第三中学校を卒業していました。

高校は、東京都大田区にある東京高校、今年3月に日本大学理学部を卒業し、『株式会社ドーム』に就職しています。

 

ケンブリッジ飛鳥さんは実はもともと小学生まではサッカーをしていました。

中学に入り、本格的に陸上を始めると3年生の時には関東中学校陸上と全日本中学校選手権に出場するまでに力をつけました。

 

高校2年生の時に100mで10秒台を叩き出しています。

3年生になると、2011年8月に4×100mリレー(インターハイ)で日本一となり、そのわずか2ヶ月後には日本ジュニア選手権の200mでジュニア日本一に輝きます。

スゴいですね~。やっぱりDNAの違いなんでしょうね。

でも後でご紹介しますが、練習ぶりもスゴかったんですよ。

 

ケンブリッジ飛鳥さん、走りとともに、イケメンぶりにばかり目が行ってしまいますが、インタビューの受け答えもしっかりしていて、言葉使いも丁寧です。

真面目な好青年ぶりが伝わってきますね(^-^)v

 

ナゾのお母さんは?

 

ケンブリッジ飛鳥さんのお母さんの名前は、景子さんというようです。

年齢は52歳とのことなので、ジョージさんより年上で姉さん女房です。

ケンブリッジ飛鳥さんは日本人の母、景子さんがジャマイカに旅行中にジャマイカ人の父、ジョージさんと出会い、ジャマイカで誕生しました。

ジャマイカに旅行って、どんな方なんでしょうか??
英語圏じゃないですし。

異国の地で恋愛関係になって結婚するほどの仲になるって、いったいどんなロマンスがあったのでしょう・・??!

 

また、ケンブリッジ飛鳥さんは、2014年2月にトレーニングの為に単身でジャマイカに渡り、18年ぶりに故郷ジャマイカの地を踏んでいるのですが、この時お母さんの知人の紹介で、ウサイン・ボルト氏が所属するレーサーズトラッククラブで1週間ほど練習をしています。

お父さんじゃなくて、お母さんです。

 

お母さん、すごい人脈をお持ちですね。陸上関係の方なのでしょうか?

ナゾに満ちています(∂_∂)

ケンブリッジ飛鳥さんの今後の活躍で徐々にベールが脱がされてゆくことでしょう。

 

肉体改造でバッキバキの筋肉!

 

お母さんの知人の紹介で、ウサイン・ボルト氏が所属するレーサーズトラッククラブで1週間ほど練習したケンブリッジ飛鳥選手。

ボルト氏は不在だったものの、100mと200mで世界歴代2位の記録を持つ一流選手たちと練習する中で、ジャマイカの選手と自分の体格差にかなりショックを受けたようです。

 

その後、日本大学理学部を卒業、スポーツウェアブランド・アンダーアーマーの日本総代理店である『株式会社ドーム』に就職し、陸上に専念できる環境を手に入れました。

従来の【筋トレ】ではなく、専門のトレーナーの指導のもと、最先端のトレーニング器具を使い、オリジナルのメソッドで肉体改造を行うことができるようになります。

食事もバランスを考えた食事メニューに変えて一日5食にして、筋力UPを図ったといいます。

 

今年1月中旬と5月中旬のデータを比較すると、【体重はほとんど変わっていない】のに、筋量が2.5kg増えて、体脂肪は1.5kg減り、

身長1m80cm、体重76kg、体脂肪率は驚愕の4.4%!!

身長180㎝で体重78kgの4%ってあり得ない体脂肪ですよね。もうバッキバキです(o_O)

 

f-sp-2015-0515-0010-w500_0

出典:http://www.yahoo.co.jp/

 

才能と努力に、環境が揃った4月以降、劇的な成果が現れました!

5月21日の東日本実業団の男子100m予選で、10秒10という、自己ベスト記録を叩きだし、9秒台に王手をかけます。

 

そして、6月25日に行なわれた日本選手権で10秒16のタイムで優勝し、見事リオ五輪代表に選ばれるのです . 。o*゜☆゜

株式会社ドームとは

 

株式会社ドーム(DOME CORPORATION)はスポーツ関連事業を展開する日本の輸入製造販売会社だそうです。

1996年、元アメリカンフットボール大学全日本代表チームのキャプテンの安田秀一氏がテーピングの輸入販売会社を設立。1998年に米国のスポーツアパレル『アンダーアーマー』と契約を締結し日本総代理店となりました。

 

ドームはスポーツ用品の製造販売している会社で、所属選手はケンブリッジ飛鳥選手と、もう一人はゴルフ選手で、あとは契約のスポーツ選手はたくさんいますけど、所属選手は少ないんですね。

ケンブリッジ飛鳥さんが身に着けているウェアやシューズはすべて『アンダーアーマー』製のようです。

所属会社が製造、販売している商品を身に着けた選手のオリンピック出場内定って、すごいマーケティング効果がありそうですね。

TVやネット、新聞など、いたるところで【ケンブリッジ飛鳥】を目にしていますが、広告費に換算したらいったい幾らになるのでしょうか。

スゴい戦略となっていますね(〇o〇;)

 

ケンブリッジ飛鳥さんのご兄妹

 

ケンブリッジ飛鳥さんには、ケンブリッジ沙紗さんという美人の妹さんがいるようです。

二歳年下で、高校までやり投げの選手として活躍されていたとか。

2013年度の東京都高体連第一支部春季競技会などで4位になるという活躍ぶりです。

 

現在は、銀座にある『Tommy Bohama』というショップで店員をされているそうです。

兄妹揃って美形ですので、きっとイケメンなお父さんと美人のお母さんではないかと想像できますね。

 

彼女はいる?!

 

リオ五輪が近づくにつれてさらにイケメン度に注目が集まりそうなケンブリッジ飛鳥さんですが、プライベートはどうなってるんでしょう?

現在23歳ですから彼女がいても不思議はないですが、今のところこの人!という情報は上がって来ていませんね。

ただ、大学時代には彼女がいたとの情報がありますから、現在も彼女がいて何ら不思議はないと思われます。

 

日本人の感覚だと、アスリートはただひたむきに競技のことだけ考えて、愛だの恋だのとは無縁みたいに考えてしまいますが、実際は彼女なりお嫁さんがいる方がリラックスできて、試合での成績が良いのだそうですよ。

 

ケンブリッジ飛鳥さんにもそういう意味も含めて支えてくれる女性がきっといるのではないでしょうかヾ(*´∀`*)ノ

 

最後に

ケンブリッジ飛鳥選手はリオ五輪で決勝まで行けたら「レゲエダンスを踊ります」と『ドーム』の安田会長に言わされているようです^^;

果たして本当にレゲエダンスを披露するんでしょうか?そっちも楽しみですね。

お母さんの景子さんやお父さんのジョージさん、きっとリオ・オリンピックではそのお姿を拝見できるでしょうね。

リオ五輪でのご活躍を期待しています☆






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です