カンヌ、おしゃれイズムで真木よう子太ったのはデニーロアプローチ!?旦那との離婚は不倫かストレスかッ


bhkyiのコピー
出典:http://matome.naver.jp/

映画『そして父になる』『海よりもまだ深く』でカンヌ国際映画祭へ渡った女優の真木よう子さん(33)ですが、5月22日(日)放送の『おしゃれイズム』にゲスト出演した際、【また太ったのでは?】と話題になりましたね。
4月26日に行われた解熱鎮痛薬のCM発表会での真木よう子さんは、痩せていたのでかなりの豹変ぶりです。
でも痩せたり太ったりはちゃんと理由もあるようで、自分の意思でコントロールできるのだとか・・!
そのスゴい役者魂とは?!





世界の女優、真木よう子さん

 

女優の真木よう子さんが5月21日、東京都内で行われた是枝裕和監督の映画『海よりもまだ深く』の初日舞台挨拶にシースルーのワンピース姿で登場していましたね。

『海よりもまだ深く』は第69回カンヌ国際映画祭の【ある視点部門】に出品され、真木よう子さんは公式上映で現地を訪れ、カンヌ2回目の参加となりました。

 

真木よう子さんは「有名なモデルさんが普通に歩いていたりして、本当にすごい街全体が盛り上がっていた!」と現地の模様を振り返っていました。

 

真木よう子さんは、ドラマ『MOZU』や映画『ゆれる』に出演して、第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞、

2013年には映画『さよなら渓谷』の主題歌を歌い歌手デビューもしています。

2014年3月には、第37回日本アカデミー賞最優秀女優賞、最優秀助演女優賞のW受賞という快挙!

名実ともに、日本を代表する女優さんですね。

 

そんな真木よう子さん、女優を目指すきっかけとなったのは、小学生の頃に観た安達祐実さん主演の映画、『REX 恐竜物語』だそうです。
同世代である安達祐実さんの活躍を見て、芸能界を目指したのだとか。

う~む、『REX』ですか。

『REX 恐竜物語』がなければ、世界の真木よう子さんは存在しなかったのかもしれませんね。



スポンサーリンク

真木よう子さんプロフィール

 

本名:金森蓉子
生年月日:1982年10月15日
出身地:千葉県印西市
身長:160cm
体重:変幻自在!
血液型:A型
星座 :てんびん座
趣味:映画鑑賞
特技:スポーツ 陸上競技全般
デビュー年 :2001年~
所属事務所:フライングボックス

 

真木よう子さん、意外とマンガ好きのようです。

特にお気に入りは、『スラムダンク』『団地ともお』『寄生獣』のようです。

 

リサーチしてると、スリーサイズが見つかっちゃいました。
B88 W59  H83 お見事なスタイルです。

気になるカップについては、公表はされていませんがGカップと推定されています。
こちらも見つかっちゃいましたのでついでに・・

 

真木よう子さんは、兄と二人の弟に囲まれた中で育ちました。

よく男勝りとか、クールビューティーと言われますが、男兄弟の中でたくましく育ったため、男前になるのもわかる気がしますね。

 

真木よう子さんは中学3年生の時に、家族に仲代達矢さん主宰の俳優養成所『無名塾』に入りたいとの夢を告白したのですが、父親は猛反対。

安達祐実さんに憧れ、女優になることしか考えていなかった真木よう子さんは、なんと「援助交際してやる!!」と父を脅してまで芸能界入りの許可をもぎ取ったのだそうです。

さすがは男勝りというかなんというか・・

 

1998年、中学を卒業した真木よう子さんは、応募者が1000人、選ばれるのは5人という難関の『無名塾』のオーディションに見事合格します。

合格できるのですからスゴいですね。

なりたいと言ったってなれる人なんてそうそういないですよ。

 

ところがこの『無名塾』の合宿では、毎朝日課があり、それをきちんとこなすことが大事なのですが、ある日、真木よう子さんは、もっと稽古がしたいと考え、朝早くから日課である持久走を済ませ、発声練習をしていたのですが、それを見た仲代達矢さんが、サボったと勘違いをして大激怒!

真木よう子さんはそれに納得がいかなかったため、持ち前の気の強さで猛反発してしまい、なんと退塾となってしまいました。

 

今では日本を代表する女優、真木よう子さん。

仲代達矢さんもその根性を見直しているのではないでしょうか^^;

 

p1
出典:http://business.nikkeibp.co.jp/

仲代達矢さん(なかだい・たつや)1932年12月生まれ。
小林正樹監督の『人間の条件』、黒澤明監督『椿三十郎』-などに出演。
75年からは、妻とともに『無名塾』を開設する。
自らも第一線で活躍しつつ、若手役者の育成に力を注いでいる。

片山怜雄さんとの離婚理由は?

 

2008年、真木よう子さんは『WATER BOYS』等に出演していた俳優の片山怜雄(かたやま れお)さんとご結婚されました。

どうやらデキ結婚だったみたいですね。

 

ところが片山怜雄さんはその後マルチタレントのリリー・フランキー氏に弟子入りして、作家を目指します。

しかし執筆活動は思うようには上手く行かず、クリーニング屋でバイトをする身にまでになってしまったのだとか。

真木よう子さんは女優として大活躍されていたので、いわゆるヒモ状態となってしまい、愛想を尽かされて離婚へ至ったと言われています。

 

そんな肩身の狭い思いをしていたらしい片山怜雄さんですが、【専業主夫】として炊事、洗濯などの家事をこなし、ベビーカーを押しスーパーで買い物するなど育児にがんばっていたようです。

それならそれで良さそうな気もしますけどね。

 

ハウスハズバンドとして有名な方には水島ヒロさんがいらっしゃいますね。

絢香さんや真木よう子さんのように才能がある方ならむしろ、主夫を務めてくれる人の方が良さそうな気もしますが・・。

(そういえば、絢香さんもふっくらされていますね)

⇒ 絢香さん太った原因はバセドー病!? 献身的主夫、水島ヒロさん

 

実は真木よう子さんには、俳優で演出家の長塚圭史さんとの不倫の噂が何度となくあります。

2012年には腕を組んで歩いているところをフライデーされました。

長塚圭史さんと言えば常磐貴子さんの旦那さんですね。

事実とすればW不倫という事になります。

 

真木よう子さんは一家の大黒柱として働く中で、共演俳優らと深夜まで飲み歩き、家に帰らないこともたびたびあったようです。

こういうのって逆のパターンは昔から定番としてよくありますよね。

やはり外で働き、仕事が出来る人はそうなっちゃうのかもしれませんねぇ・・

 

デ・ニーロ・アプローチ?!

 

真木よう子さんは、太ったり痩せすぎたりを繰り返しをしていることをご存知の方も多いと思いますが、一応というかしっかりとした理由があるようです。

ドラマの役作りのために10kg太り、そして、ドラマが終わるころには元の体重に戻っていたりします。
役柄に合わせて、体型をコントロールできるそうです。

さすがにスゴいド根性です。

仲代達矢さんも見直しているのではないでしょうか。

 

◆ちょっと太った?真木よう子さん

bff
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

 

海外のハリウッドスターなどは、役柄によって肉体を改造することがよくありますね。

体重の増減はもちろん、頭髪を抜いたり、歯を抜いたり・・

ロバート・デ・ニーロが有名で、デ・ニーロ・アプローチなどと呼ばれたりします。

 

真木よう子さんは、役柄に対してかなり真剣に取り組みます。

2016年4月に公開された映画『蜜のあわれ』では幽霊役を演じ、幽霊のイメージに会う様な体型を作り、

ドラマ『問題のあるレストラン』では役柄が 【食べる事が大好きでストレスと抱えている女性】という設定なので、体重を増やしました。

 

太ったり痩せたりを繰り返している真木よう子さんですが、普段から行っているダイエット方法があるようです。

ランニングをする
夜7時以降は食べない
夕食で炭水化物は食べない
ストレッチをする
夜12時には寝るようにして毎日決まったサイクルで生活をする

 

ランニングのような有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いので、余計な脂肪を減らして体を痩せさせるにはやはり効果的なようです。

夕食時に炭水化物は食べないというのも、ダイエットを成功させるためにはかなり重要なポイントになります。

これだけ規則正しい生活を維持して、努力できるというのは素晴らしいですね。

 

まるでお坊さんの修行のようです。

太ることも痩せることも自分の意思と根性次第!
なかなかできることではありません。

仲代達矢さんも見直していることでしょう。

 

アレ?でも、共演俳優達と深夜まで飲み歩き、家に帰らないこともたびたびあったような気も・・(´?`?)

 

最後に

真木よう子さんには名言があります。

『私の仕事はマイナス思考になったら、画面上で視聴者に伝わってしまう。だから、逆に上手くいった事を想像してワクワクするようにしています』

この考え方があるからこそ、どんなに難しい役でも挑戦できると仰っています。
自分で自分の思考をプラスに切り替え、何事ことからも逃げない。
この姿勢が多くの人に支持される理由なのでしょうね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

⇒ 大友花恋、広瀬すずにそっくりだけど負けない魅力!

⇒ フェアリーズ謹慎理由の画像がコレ!野元空






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です