滝沢充子【生ゴミ先生】能年玲奈、洗脳引退へ!?復帰、独立なるかッ現在干された状態!

%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%AD%E3%82%93%E3%82%8A%E3%81%AA%EF%BC%93
出典:https://twitter.com/

2013年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクした女優、能年玲奈さん(22)が芸能界から引退してしまう可能性があります。
能年玲奈さんは所属事務所『レプロエンタテインメント』に無断で個人事務所を設立したことでトラブルに発展。
その後、所属事務所との対話に応じることがないままであれば、6月末で契約満了を迎えます。





『あまちゃん』引退!?

 

能年玲奈さんは2013年前期のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』でヒロインのアキを演じ、大ブレイクしました。

『あまちゃん』は平均視聴率20・6%と大ヒット!能年玲奈さんは、一躍国民的女優の仲間入りを果たしました。

驚いた時の口癖「じぇじぇじぇ」は新語、流行語大賞に選ばれましたね。

 

しかしトーク番組やバラエティーなどで話すことはニガテなようで、あまりそういう方面では見かけませんね。

そんな能年玲奈さんですが、芸能界引退の危機に直面しています。

 

事務所独立問題

 

能年玲奈さんは、2014年8月公開の主演映画『ホットロード』で日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得するなど活躍しましたが、同年12月公開の主演映画『海月姫」』を最後に女優の仕事がなくなっていきます。

能年玲奈さんは昨年4月に、所属事務所に無断で個人事務所『株式会社三毛andカリントウ』を設立していたことが判明しました。

個人事務所設立に深く関わっていると言われているのが、演出家兼振付師の滝沢充子氏です。

能年玲奈さんは、滝沢充子氏に大変心酔しており、一緒に住むようにまでなった仲です。

滝沢充子氏は能年玲奈さんを洗脳したのではないかという疑惑も噂されていましたね。

しかし、『週刊文春』によると、能年玲奈さん独立の理由は、『レプロエンタテインメント』側にも問題があると報道しています。

 

『レプロエンタテインメント』の能年玲奈さんに対する扱いは酷く、『あまちゃん』のヒット時も月給が5万円だったと言われており、

仕事が増えても収入は少なく、かといってバイトをするわけにもいかず、仕送りを頼って生活するしかない状況だったようです。

その窮状に手を差し伸べたのが、滝沢充子氏だったと言われています。

 

結果的に芸能界ではタブーである個人事務所設立問題は、『レプロエンタテインメント』との深刻な対立を招きました。

本来決まっていた4月期放送のTBS系連ドラへの出演も見送りとなり、『かんぽ生命保険』等のCMも終了しています。

このまま所属事務所との対話に応じることがないままですと、能年玲奈さんは6月末で契約満了を迎えます。

 

個人事務所『株式会社三毛andカリントウ』で仕事がとれれば良いのですが、上手くいかない場合は事実上引退となるでしょう。

独立しても、契約違反した【トラブルメーカー】というイメージは業界からはなかなか払拭できないものと思われます。

 



スポンサーリンク

能年 玲奈さんプロフィール

本名:能年 玲奈(のうねん れな)
生年月日:1993年7月13日
出身地:兵庫県神崎郡神河町
身長:162cm
血液型:A型
職業:ファッションモデル、女優
活動期間:2006年~
所属事務所:レプロエンタテインメント

 

能年 玲奈さんは新垣結衣さんに憧れて、第10回ニコラモデルオーディションに応募し、見事グランプリに輝きました。

2010年に映画『告白』で女優デビューしますが、この時はセリフなしの生徒役でした。

2012年の映画『カラスの親指』でヒロイン役を演じ、2013年『あまちゃん』で大ブレイクします。

 

まだまだ人気のある女優さんですので、引退となれば本当に残念に思います。

 

最後に

滝沢充子氏は【生ゴミ先生】というアダ名がついています。

理由は、能年玲奈さんの演技指導をしていた時に、「この仕事をして女優にならなきゃ、アナタは生ゴミ!「」と発言したことが由来となっているようです。

大変ひどいアダ名のようにおもいますが、どういうわけか滝沢充子氏は自分のことを生ゴミ先生と称するようになり、ご自身のブログ名を『生ゴミ先生の演技教室』とまでしています。

これも演出家ならではのパフォーマンスなのでしょうか(´?`?)

⇒ 大友花恋、広瀬すずにそっくりだけど負けない魅力!

⇒ 真木よう子太るも痩せるも変幻自在!?二度目のカンヌ映画祭!





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です