母の日夏帆、新井浩文お食事デート!熱愛は親公認?二階堂ふみ・・前田敦子?韓国籍でもモテモテスキャンダル


untitled

新井浩文さんは数々の女優さんと熱愛報道が出ているモテモテ俳優さん。
今回も人気女優さんとフライデーされちゃいました。
お相手は女優の夏帆さん。しかも同棲に近い状態だと報じられていますよ!
母の日に新井さんと夏帆さん、夏帆さんの母親の3人でお食事をしていたといわれています。





◆夏帆さんとお母さん、新井浩文さんとお蕎麦

 

朝から好天に恵まれた5月の母の日。東京・世田谷にある蕎麦屋に母親と一緒に訪れていた親孝行な女優は夏帆さん(24)でした。
しかしその傍らには母親だけでなく、ボサボサ頭のヒゲ面男が・・?

蕎麦をすすっていたヒゲの男性は、新井浩文さん(37)。
夏帆さんより13歳上の人気実力派俳優です。

 

店員が「あの・・浅野さんじゃないですか?」と新井浩文さんを浅野忠信とカン違いして話しかけると、夏帆の母親は「浅野さんの(事務所の)後輩よねぇ」と笑顔で茶々を入れ、そんなやり取りを見た夏帆が笑みを浮かべるなど、まるで仲のよい夫婦と姑のようだったと伝えられています。

 

午後3時前、蕎麦を食べ終わった3人は店を出ると、近くに停めていた新井浩文さんの黒のジャガーへ。

新井さんは夏帆のお母さんを都内にある実家まで送り届け、それから夏帆さんと二人きりのドライブデートを楽しんだようです。

 

二人の仲は既に親公認で、事務所も否定していないです。

新井さんと夏帆さんのデートや食事をする姿は、もうずいぶん前から周囲に目撃されていて、新井さんのマンション近くのカレー店で食事をしたり、夏帆さんが新井さんの部屋から仕事場へ向かう日もあるようです。

 

現在、新井さんは『真田丸』に加え、TBS系の深夜ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』にも出演しており、一方の夏帆も月9『ラヴソング』(フジテレビ系)に出演中。お互い多忙なはずなのですが、単なるお泊まりだけでなく、週に1~2度は外でデートするラブラブっぷりです。

いつも変装していないので、周囲にはバレバレ。
でも本人たちは堂々として、清々しさすら感じますね。

 



スポンサーリンク

二人のプロフィール

 

◆夏帆(かほ)さんプロフィール

生年月日:1991年6月30日(2016年5月現在 24歳)
出生地:東京都
身長:164 cm
体重:(〃 ̄▽ ̄〃)
職業:女優 モデル
活動期間:2003年 ~
事務所:スターダストプロモーション

 

本名は非公開のようですが、ネットではなぜか本名が出回っています。
本名が出回ったのは卒アルが流出したからのようです。
卒アルでは名前が印東夏帆となっています。

 

小学5年生のときに、原宿、表参道でスカウトされ、2003年にツーカーホン関西のCMでデビューしました。

ティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』(2003年から2005年)やジュニアアイドル誌『Pure2』などでモデルを務めます。

2004年からは、テレビや映画に進出し、現在、『ラヴソング』に出演中です。

2015年6月『海街diary』では主演の香田千佳 役(綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すずと共に主演)を務め、第39回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞。

2016年6月4日公開の『高台家の人々』にも出演で注目が集まっています。

 

夏帆さんは清純派女優でしたが、二十歳を過ぎた頃から激しいイメチェンを試みます。

キャバ嬢やヤンキーといったパンチの効いた役を次々と演じ、髪型も長い黒髪をバッサリ切って金髪にするなどファンの間で話題になっていました。

インタビューでは「どんな経験も女優として芸の肥やしになると思う」などと成熟した発言が飛び出すようになり、デビュー当時からの男性ファンにはちょっとショックだったようです。

 

自身の性格については、「結構飽きっぽい性格なので、何かを続けるということが苦手なんです。唯一続けていることは、やはり今の仕事ですね。大変なこともあって落ち込むこともありますが、仕事をしていく度にお芝居を好きになっているので、こうして今も続けているんだと思います。」

と、語っています。

 

◆新井 浩文(あらい ひろふみ)さんプロフィール

生年月日:1979年1月18日(2016年5月現在 37歳)
出生地:青森県弘前市
身長:181cm
血液型:A型
職業:俳優
活動期間:2001年 ~
事務所:パパドゥ→アノレ

 

新井 浩文さんは、在日朝鮮人三世だったが、2005年に韓国の国籍に変更しました。

小学4年生の時から卓球を始め、高校時代は全国大会にも出場した実績を持っています。

高校卒業後の進路として日本映画学校への進学を希望しますが、遅刻が多かったので推薦できないと教師に言われたため断念し、青森県立弘前実業高等学校を中退します。

 

新井さんは、漠然と「有名になりたい」という思いで、19歳のときに上京します。

上町の屋台で、俳優であり映画監督の荒戸源次郎さんと知り合い、大楠道代さんの付き人となりました。

下積み生活を続け、2001年、映画『GO』でデビュー。
翌年、映画『青い春』で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞しています。

強面で目が鋭い風貌から犯罪者や不良役を多く演じてきましたが、近年は刑事役から教師役まで幅広く演じています。

 

Twitterやインタビューなどでの一人称は「うち」。

怖いイメージですが、トークは自然体で、かつ非常にファンサービスを大切にしています。
SNS上でファンと気さくに交流し、時には下ネタも飛び出すなど、クールな外見とのギャップが面白く人気です。

ファンが地方での舞台挨拶を希望すると、自ら映画会社に伝えたり、DVD購入者に新井さん自身が焼肉をおごる企画をするなどのエピソードがあります。

 

新井 浩文さんの恋愛観

 

新井 浩文さんといえば、破局はしましたが、二階堂ふみさんの元カレで、【ダンディな30代のモテ俳優代表】との呼び声が高いですね。

そんな新井さんは現在、ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』にて、前田敦子さんと共演中です。

このドラマでの役どころが、新井さんはエリート政治記者、前田さんは超恋愛体質な政治記者で、二人は恋に落ちていきます。

二人のイチャつき度がハンパなくて、本当に恋愛してるんじゃないかって疑われているようですね。

セクシーさという観点では、新井 さんの方が大人の男ぶりを発揮し、前田敦子さんに優っているとすら言われています。

 

また、新井 浩文さんは、以前『しゃべくり007』に出演した際に、独特な女性観、恋愛観を暴露してました。

 

「女性はメシで判断する。舌があわないと無理。自分がうまい飯屋に連れて行って、リアクションがないと無理」

「女性にクックパッドのレシピを送ってあげる。それで失敗したら【何入れたらこうなるわけ?全部書いてあるじゃん!】となる。付き合いたくはない。

「胸より内もも。ほどよく肉がついて細すぎず太すぎずの足に挟まれたい。めっちゃ落ち着く。」

「ネクラな人しか愛せない。女性で面白い会話をする人に会ったことがない。男同士の楽しさとは違う。」

「女性の会話に【で?】と言いたくなる。共感のコメントとかしたくない。つまんない話をするぐらいだったら、黙っていたほうがいい。
無言に耐えられる子がいい。無言でいられる子は素敵。」

「女性の寝顔にコヨリで、ひゅひゅひゅと、くすぐっても怒らないのがいい。」

夏帆さんはおおむね新井さんの好みをクリアしたということなのでしょうね・・・^^;
夏帆さんは食べるのが好きで、おいしそうに食べますし。

ちょっと変わっているな~とも思いますが、納得できるところもありますね。
女性の話って、新井 浩文さんの仰る通りかなぁと思うところもあります。新井さん正直です(ΦωΦ)b

 

最後に

ちなみに、なれそめは、2012年10月28日に放送されたドラマ『ヒトリシズカ』での共演からだったようですね。夏帆さんが主役で新井浩文さんとは第2話での共演でした。

二階堂ふみさんとも映画の共演がきっかけで交際に至りました。
新井浩文さん共演者キラーですね(ΦωΦ)






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です