長渕剛、薬で逮捕どころじゃない富士山超ライブ!大赤字10億円!?


auhy89

かつて親交の深かった清原和博被告との薬物使用説が未だ根強くある超大物ミュージシャン長渕剛さんですが、薬をやっていてはとても務まりそうにないライブを昨年2015年8月に行っています。
しかし、その『10万人オールナイトライブ』はとんでもない大赤字に!?





◆長渕剛10万人オールナイトライブ赤字に!

 

昨年2015年夏、『長渕剛10万人オールナイトライブ2015-in 富士山麓-』が2015年8月22日の夜21時より翌朝6時までの時間で開催されました。

富士山麓にある『ふもとっぱら』での10万人ライブでしたが、実は10億円近くの赤字になっていたようです。

 

ライブチケットの売れ行きが当初からよくなく、多くの雑誌やメディアでライブを宣伝していたのですが、10万人には届かなかったようで、ライブ終了直後から巨額の赤字が懸念されていました。

 

このチケットの値段は当初15000円でしたが、後々500円でも売れ残るようになり、最終的には3枚で121円という値段までついてしまう事態に陥りました。

 

長渕氏はライブの宣伝のために各メディアをはしごして、雑誌や新聞のインタビュー、また『ごきげんよう』(フジテレビ系)にまで出演しました。

 

過去にもアルバムのリリースに合わせてテレビ番組に出演したことはありますが、ここまで露骨な出演攻勢は非常にめずらしいです。
それだけライブの動員に苦戦していたようです。

 



スポンサーリンク

◆なぜ富士山で10万人オールナイトライブ??

 

【10万人オールナイトライブ】という人数が先に宣言されたので、
それに見合う場所で開催するという意味も込めての富士山麓だったようです。

 

2004年に行われた『桜島オールナイトライブ』は、鹿児島が出身地である長渕剛氏の故郷凱旋という意味もあり、全国の長渕ファンが集結する理由を持ちやすいイベントでした。
 
 
桜島は人口がとても少なく5000人程度なのですが、そんな桜島でコンサート会場をイチから開墾して整備して、最終的に7万5000人を動員して来場者はフェリーで移動しました。

 

かなりの大イベントになったわけですが、
一生に一度、ファンにとって長渕剛氏の生まれ故郷でのライブに参加するのは非常に意義があることでした。
 
 
そして2015年の富士山麓10万人オールナイトライブは、それを超える伝説的ライブを作るというテーマだったのだと思われます。

 

 

 

◆凄すぎる超ライブステージ建造!

 

『長渕剛10万人オールナイトライブ2015-in 富士山麓-』はステージセットを巨額の経費をつぎ込んでつくり、富士のキャンプ場にライブ会場をイチからつくり込むという一大イベントとなりました。

 

『SASUKE』のファイナルステージ並みの巨大なやぐらが建てられ、その全体が光るという度肝を抜くステージです。
 
 
両側には会場の最後方からも見える巨大スクリーンがあり、東京ドームや味の素スタジアムでのライブと同等か、それ以上のセットだったと言われています。

しかもスタジアムライブとは違い、何の基礎もない地べたにこれだけのセットを建てたのですから、そのコストは凄まじいものです。

 

このライブでは1万5000円という入場料に批判が集まったのですが、音楽関係者はそれもやむなしだと語ります。

 

大型のスタジアムライブではセットに2~3億円かけると言われていますが、『富士山10万人オールナイトライブ』は場所も場所なので、搬入や施工の手間も考えると5億円でも足りないほどだったと言われています。

 

イベント全体で見ると、10億円規模のビッグプロジェクトとなりました!

 

↓これですよ!こんなの!!

hauhud

ertyr33

 

一人のアーティストのためにここまで作るなんて、どれだけ凄いんでしょうね長渕剛氏は。

芸能イベントというのはファン以外は知るよしもないのですが、大変な大事業なのですね・・

 

◆ライブは大赤字!?でも・・

結局このライブは6万5千枚チケットは実券で売れたのですが、制作側は10億円の大赤字となってしまったようです。

 

しかし、もともと長渕剛氏は、

【今後も単独公演を定期的に行い、グッズの製作やチケット販売など全て同一の製作会社に委託する、という取り決め】

を交わしていたことから、赤字は全額製作側がかぶるということだったようです。

ところが、満足いく集客がかなわなかったことに嫌気が指したのか長渕氏は、

 

「ライブはもうやらない」と言い出しました。
 
 
それでは話が違うと、製作側は赤字分の支払いを長渕氏側へ求めることとなったのです。

 

o04800

 

しかし、事態はすぐに収束します。

当初この返還要求を突っぱねてた長渕氏でしたが、結局は長渕氏側が折れ、今後もライブを続ける事や、赤字額の一部を支払った事で制作側との【和解】が成立したのでした。

これには清原氏の逮捕も関係していたようで、これ以上トラブルを抱えたくないという事情もあったようです。

 

>富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015【Blu-ray】 [ 長渕剛 ]

価格:17,880円
(2017/4/9 23:14時点)
感想(14件)

長渕剛氏の打撃は大きいものとなりましたが、思いがけない成功も収めました。

ライブのBD『富士山麓ALL NIGHTLIVE 2015』が2月15日の週間BDランキング1位(売り上げ1万枚)となったのです。

 

これまでの長渕氏のBDの最高位は2013年の『THE TRUTH』の11位が最高でした。

始めの週の売上枚数も『THE TRUTH』の6148枚を上回り、自己最高を記録したのです。

DVDの方は14000枚で3位につけています。

 

また、物販が非常に順調だったようです。

ライブ会場内の出店の数と豪華さぶりが凄かったそうで、花飾り等オフィシャルグッズが売り切れ続出したようです。

天候が良くなったのも幸運でした。

雲が晴れて富士山がよく見え、朝日ものぼる絶好のシチュエーションだったようです。(これが雨だったら・・´Д`)

 

そして何よりも、大きな事故がなかったことが幸いでした。

この手の大型イベントでは、大きなトラブルさえ発生しなければ成功したも同然と言われています。

長渕氏がライブへ乗ってきたヘリコプターの風圧でテントが倒れ、中にいた看護師2人が負傷してしまったのですが、打撲の軽症で済みました。

 

予想よりは集客できず非常に苦しんだイベントでしたが、なんとか成功を収めたライブだったようです。。

 

♪長渕剛 「富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015」 ライヴBlu-ray&DVD予告編

 

まとめ
  • 昨年2015年夏、富士山『ふもとっぱら』で長渕剛氏の10万人ライブが開催されましたが、チケットの売れ行きが良くなく10億円の大赤字を出しました。
  • 5億円規模の凄すぎるライブステージが建造され、ファンや音楽関係者の度肝を抜くイベントとなりました
  • ライブ自体は赤字でしたが、BDやグッズの売れ行きが良く制作サイドも長渕氏もなんとか事なきを得た模様です。

世間では長渕剛さん、薬で逮捕かと騒がれていましたが、本人や制作サイドはそれどころじゃなかったようですね。
ライブを成功させるというのは、本当に命懸けの大博打のようです。
ミュージシャンに憧れたりもしますが、どんなにビッグになっても気が休まらないものかもしれませんね(´Д`)

⇒ 次に薬で逮捕と噂されている有名人とは!?

⇒ 清原和博氏の元【親友】長渕剛氏も薬物で逮捕か!?






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です