矢口真里カップヌードルCM放送中止の理由は!?新垣隆ら起用に批判殺到!

uf889

日清食品は2016年4月7日、3月30日から放送開始されたタレント矢口真里さん、音楽家の新垣隆さんらが出演する新CMをとりやめると発表しました。その理由とは?





カップヌードルの新CM放送中止に

3月30日から放送がスタートした日清食品カップヌードルの新CM第一弾が、放送中止となりました。

今回放送とりやめとなったCMは「カップヌードル」の新CM、「OBAKA’s UNIVERSITY」シリーズで、

世界に通用するグローバルおバカ人材の育成を目指す大学、『OBAKA’s UNIVERSITY』【学長】としてお笑いタレントのビートたけしさんが登場し、

矢口真理さん含め、歌手の小林幸子さんやムツゴロウさん、音楽家の新垣隆さんが【教授陣】として出演していました。

 

◆新垣隆さん

rr56

ビートたけしさんの、「バカになる、それは自分をさらけ出すことだ」「『おりこうさん』じゃ、時代なんか変えられねぇよ。諸君たち、『バカ』やろう!」というセリフにある通り、

過去に世の中を騒がせた有名人達が自虐ネタを披露するという内容で、矢口真理さんを【危機管理の権威】として心理学部の准教授として登場させ、徹底的にイジり倒すなど、その攻めたユーモアの姿勢には一部「名作」との声も上がっていました。

 

しかし日清食品は「カップヌードルのCMに関するお詫び」と題された発表で、CMに関しては視聴者から多くの意見があったとし、

「皆様に、ご不快な思いを感じさせる表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪しました。



スポンサーリンク

問題となったCMの内容とは?

今回主に問題となったのは、過去にスキャンダルや虚偽等で世間を騒がせた矢口真理さんや、ゴーストライター騒ぎで一躍有名になった新垣隆さんの起用した点で、

特に矢口真里さんの「二兎を追う者は一兎をも得ず!」「やっちゃえ!」などと学生に力説しているシーンに、視聴者から、「不倫騒動をネタにしている」「不謹慎だ」「反省の色がない」と批判の声が殺到しました。

 

7710ca5e

ネット上でも「虚偽を擁護している」「よくこんな問題児たちを起用するな」などという書き込みが多く、

また、他にもムツゴロウさんの登場シーンについて、「ヘビが出てくるので食品のCMにふさわしくない」と指摘するものもあったと言われています。

 

そうした意見に日清食品は対応し、7日19時半すぎ、特設サイトに、

「ご不快な思いを感じさせる表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます」

との謝罪文を掲載。CMの放送とりやめを発表し、同時にYouTubeの公式動画も非公開になりました。

 

矢口真理さんは3月31日のブログで、CM出演までの経緯、出演が決まった際の感想をこうつづっていました。

「このお話をいただいた時は、嬉しすぎて1人で泣きました。私でいいのでしょうか? って何度も聞きました。日清食品さんからの優しくて熱いお手紙をいただきました。ほんとうに本当にありがとうございます。家族も友達も、もちろん私の周りのスタッフさん達もみんな喜んでくれました」

 

以前は多くのCMに出演していた矢口真理さんでしたが、13年10月に不倫騒動を起こして以降、CM出演が途絶えていました。

それだけに喜びもひとしおでしたが、ここでまた【休止】という形になりました。

矢口さんは8日13時まで、CMの放送とりやめについてブログではノーコメントでした。

 

 

一方日清食品は、「今回のCMのテーマである、『CRAZY MAKES the FUTURE.』のメッセージを伝える『OBAKA’s UNIVERSITY』シリーズは、若い世代の方々にエールを贈ることが主旨」であるとし、今後もこのテーマに沿って引き続き広告を展開していくとしています。

 

まとめ

日清食品は、「批判は想定していましたが、それよりも多くの批判的な意見をいただきました」とコメントしています。

CMは若者に失敗から這い上がる力を伝えたいとの意図があったものの、世間はまだスキャンダルや虚偽を許してはいないということが浮き彫りとなる形になりました。

【追記・2016年4月16日】 新商品、カップヌードル発売45周年を記念した『カップヌードルリッチ』、
『フカヒレスープ味』と『スッポンスープ味』の2種類は、発売わずか3日で、ラーメン売り上げベスト5に2種類ともランクインしました。異例の売れ行きとなっております。

⇒ 渡辺美優紀卒業!?理由はスキャンダル、妊娠、ゴム事件!?

⇒ 川島海荷9nine脱退の理由とは?消えた1年間!?





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です