田児賢一闇カジノ賭博で引退の危機!?バドミントン五輪候補はどうなる!?





tago04

http://www.yonex.co.jp/

2012年のロンドン五輪のバドミントンで、日本代表だった田児賢一選手(26)と、世界ランク4位の桃田賢斗選手(21)が闇カジノに出入りしていたことが報道され、問題となっております。
リオデジャネイロ五輪のバドミントン男子で日本代表入りが確実視されていた二人でしたが、今後リオ五輪の代表選考に影響を及ぼす可能性があります。
⇒ 同じく五輪候補、桃田賢斗、闇カジノ賭博で処分か!?





バドミントン日本代表選手闇カジノに出入り

田児賢一選手と桃田賢斗選手が出入りしていたとされるのが、東京都墨田区にあった違法な闇カジノ店です。

この店は、平成27年3月に警視庁が摘発、閉店となっているようですが、

この店の元経営幹部や常連客らが、産経新聞の取材に「二人は大金で賭博をしていた」と証言したと言われています。

また、闇カジノ店の元経営幹部の男性(47)は、田児選手は26年12月ごろ、客引きの紹介で違法なバカラ賭博を行い、

そして、田児選手の紹介で桃田賢斗選手も訪れたことを証言しています。

 

元経営幹部の男性は、「二人ともよく来ていた。田児選手は多いときは100万円単位、桃田選手は数万~数十万円単位で賭けていた。最終的に2人で約1千万円以上は負けていた。」

「ラケットを持った十数人の後輩らしき男女を連れて来たこともあった」と語っています。

2人は顔をマスクで隠したりせず、店の常連客はディーラーから、バドミントンの有名選手だと聞かされ驚いたと言われています。

 

この闇カジノ店は昨年3月に警視庁の摘発を受け、賭博開帳図利などの容疑で元経営幹部の男性や暴力団関係者らが逮捕され、閉店しました。

 

 

田児賢一選手と桃田賢斗選手は現在、インドとマレーシア、シンガポールで順次開催されている国際大会に派遣、出場しています。

二人が所属するNTT東日本は、緊急調査を行うため7日に両選手を急遽帰国させました。

NTT東日本は取材に「他の関係者らを含めて事情を聴き、対応を検討する」と回答しています。

また、日本バドミントン協会は、「本人と関係機関に確認し、事実が確認できれば処分を科すことを視野に入れて検討する」としています。



スポンサーリンク

 

田児選手引退の可能性は?

闇カジノは基本的に暴力団等との関わりが強い事が多いです。

そのようなところで賭博をして、資金を流していた事になりますので、今回の件は処分されれば契約打ち切りとなるかもしれません。

今回の件で特に問題なのが、田児賢一選手が賭博に使ったお金の出どころです。
賭博にかなりの金額を使い込んでいます。

これが自分のお金ならまだしも、バドミントン協会から支給される遠征費等を不正利用などという事になれば大変なこととなります。

現在、NTT東日本は部員1人1人を調査していると言われています。

田児賢一選手は、もし使い込みであるならば引退やむ無しとなるでしょう。

今後バドミントン以外の他のスポーツ界にもメスが入るかもしれません。

 

◆田児賢一選手プロフィール

田児賢一 (たご けんいち)
生年月日:1989年7月16日(26歳)
身長175㎝
体重72キロ
NTT東日本バドミントン所属
埼玉栄高校卒業

 

田児賢一選手はご両親が共にバドミントン選手というバドミントン界のサラブレッドです。
2歳からバドミントンを始めています。

11歳の時に全国小学生選手権男子ダブルス(5年生以下)で優勝。

中学時代は2003年2004年と全国中学生選手権男子ダブルスで連覇。

高校時代は全国高等学校選抜バドミントン大会の団体戦・男子シングルス・ダブルスで優勝。

全国高等学校総合体育大会バドミントン競技大会(インターハイ)でも2006年、2007年男子シングルス・ダブルスの2年連続二冠を達成。

 

2008年4月高校卒業後はNTT東日本へ入社。

2008年全日本総合選手権を優勝。また同大会を2013年まで6連覇。

2010年全英オープンで日本人選手として44年ぶりに決勝進出(決勝は世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手に敗れる)

2013年ヨネックスオープンジャパンのシングルスにて、同大会で日本人初の決勝進出なるもまたしてもリー・チョンウェイ選手に敗れる。

2014年末7連覇のかかった全日本総合選手権大会直前に左足首ねん挫のため棄権。

 

このケガ以降の成績は芳しくありませんが、大変優秀な選手であったことがよくわかります。

まだ、リオデジャネイロ五輪での活躍が期待されていただけに残念です。

 

⇒ 同じく五輪候補、桃田賢斗、闇カジノ賭博で処分か!?

 

まとめ
  • 田児賢一選手と桃田賢斗選手は、違法な闇カジノ店へ出入りして賭博をしていたことを認めました。
  • 闇カジノから暴力団へ資金が流れた可能性があります。田児賢一選手引退の可能性が出てきました。
  • 田児賢一選手は、高校時代、同年代に敵なしの優秀な選手でした。

スポーツ選手の賭博問題が後を断ちません。
リオデジャネイロ五輪のバドミントン男子で日本代表入り確実だった二人。
今後どう影響していくのでしょうか?





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です