丸本莉子出身高校や性格は?wiki的プロフィールココロ予報は晴れ ☀


1q

出典:http://top.tsite.jp/

『ココロ予報』『ご機嫌ベイベー★』で知られる丸本莉子さん。
安定した穏やかなヴォーカルで、聴く人々の心に穏やかに響く、次世代のシンガーソングライターです。
ところが、そんな丸本さん、小さい頃には声に結構コンプレックスを持っていたのだとか!??
今回は、独特の存在感であたたかく包んでくれるような歌声の丸本莉子さんについてまとめました。
♫丸本莉子さん、プロフィールは?
♫高校卒業からデビューへの道のりは?
♫丸本莉子さんの性格、音楽への想いは?





♫丸本莉子さん、プロフィール?

2016 3/16(水)発売 – 2nd ミニアルバム『フシギな夢の中』が好調の丸本莉子さん。
ブルボンの「ラシュクーレ」CMの主題歌ともなっていますね。

新世代リアルボイス・シンガーソングライターとして、注目を集めている丸本莉子さんですが、

子供の頃は一時期、自分の低い声にコンプレックスをもっていたようです。

 

莉子さんは幼い頃から大声で歌うことが大好きだったようですが、お父さんにはうるさがられていたようで、小学校の低学年の頃、

「自分の声を聞いてみろ!」とわざわざ録音した声の音源を聞かされ、「おまえの声はカエルみたいだぞ」って言われてしまったようなのです。

ちょっとひどいですよね(T_T)

 

莉子さんはこの頃に自分の声がハスキーであることを自覚し、ショックを受けてしまいます。

しかしそんなコンプレックスを抱えつつも、それに打ち勝つほどやはり歌が好きで、母親の影響で無意識に松田聖子さんの曲を聴いて口ずさんでいたそうです。

 

年を重ねるごとに音楽に対する情熱が強くなり、高校1年生の終わりくらいから本格的に音楽活動を開始しました。

卒業する頃にはコンプレックスだった声も「個性的でいいよね」と周りから言われるようになり自信に変わっていったということです。

 

♪丸本 莉子さんプロフィール

名前:丸本 莉子(まるもと りこ)
生年月日:1990年5月16日(25歳)
身長:不明
体重:(〃 ̄▽ ̄〃)
出身:広島市
出身中学:広島市立清和中学校
出身高校:不明
所属:古舘プロジェクト
特記事項:広島カープファン!

 

中学時代には、バレーボール部のキャプテンだったそうで、男女共に1番モテたらしく、
卒業する時には制服のボタンを全部あげちゃったというエピソードを残しています。

莉子さん、非常に活発な性格で人気者だったんですね★



スポンサーリンク

♫高校卒業からデビューへの道のり

丸本莉子さんの出身中学まではわかったのですが、高校はハッキリとはわかりませんでした。

高校は丸本さんご自身では、バレーボールのスポーツ推薦で入学したと語られています

広島市にある公立の広島商業高校らしいという情報がやっと見つかりましたm(_ _)m

 

 

丸本さんはスポーツ推薦で入学したので、バレーボール部では模範生でなければならなかったようなのですが、

そのことがだんだん重く感じてきてしまい、

やがて覚めてきてしまったようなんですね。

2回くらい部活をサボったら、まさかのクビとなってしまいました。

 

しかしこの頃から中学の友達にバンドに誘われて、高校1年の終わりくらいから音楽を始めるのですね。

丸本さんは、実は子どもの頃から世の中に足跡を刻むような生き方をしたい、

私なら何かできる!普通に人生を終わりたくないって思っていたようです。

 

結構、自分の中に何かしっかりとした自信を持っていたようですね。

徐々に本格的にアーティストになりたいと思うようになっていったようです。

 

 

高校卒業後は、大学に進学はせず、さっそく東京へ上京しデビューという夢を抱いたようですが、

両親がやはり不安に思い引き止め、地元で介護関係の仕事に就くことになったようです。

しかし音楽への情熱は冷めることはなく、仕事をしながら音楽活動をしていました。

 

すると地元のラジオやテレビに出演する機会があり、地元では注目の存在になります。

 

そして仕事の上司からの後押しもあり2011年ついに上京を果たします!

 

しかし始めはもちろん待ち受けていたのは下積み生活で、仕事も派遣に行くくらいで、家具や生活用品までなかなか揃わなかったと言われています。

上京1ヶ月ほどでさっそくひどいホームシックに陥ってしまったみたいですね。

 

そんな苦しい生活の中で生まれたのが、後にメジャーデビュー曲となり、4年間、丸本莉子さんを支え続けていく代表曲『ココロ予報』だったのです。

上京した2011年、丸本さんの地元広島のテレビ局の広島ホームページのドキュメンタリーミニ番組『雨のち晴れ』という番組の主題歌にも『ココロ予報』はつかわれました。

丸本さん、地元からの応援もあってなんとか頑張って東京で活動し続けられたのですね。

 

♬ミックスリスト – 丸本莉子 – ココロ予報(Music Video)

 

 

♫2015年メジャーデビュー

丸本さんは4年間、いろいろ試行錯誤しながら活動を続けることになるのですが、やはり大変だったようです。

ある意味、好きなだけじゃ絶対にやっていけないっていうのを初めて実感したそうなのですが、

 

その夢と現実の差を歌詞に昇華していったようですね。

 

「人それぞれ環境や状況や目指してるものは全然違うけれども、何かに躓いて諦めそうになったときに、【でも頑張ろう】って思う気持は絶対みんな一緒だろうなって思うんですね。」

と、丸本さんは語られています。

 

丸本さんは、2015年6月に『AndRec』より国内初のハイレゾ配信でメジャーデビューを果たします。

同年8月には2ndシングル『やさしいうた』をリリース、

さらに9月にはミニアルバム『ココロ予報~雨のち晴れ~』もリリースされました。

 

最新作はこちら♬
2016 3/16(水)発売 – 2nd ミニアルバム『フシギな夢の中』

 

とても柔らかでありながらも力強く、そしてありのままの心を歌ってくれる新世代リアルボイス・シンガーソングライター、丸本莉子さん。

今年は更なる飛躍を遂げていくでしょう♪.。o*゜☆゜

 

まとめ♫
  • 丸本莉子さんは幼い頃から大声で歌うのが大好き!
    でもお父さんには、「カエルのように低い声」と言われてしまい、一時コンプレックスに・・
    (´Д`)
  • 高校時代まで続けていたバレーボールをやめてしまい、好きだった音楽活動へ。
  • 上京後は4年ほど下積みで、試行錯誤を繰り返し、2015年にメジャーデビュー♪

丸本莉子さんの曲は気がついたら耳にしていて、いつの間にか好きになっている・・
そんな雰囲気を持っていますね。
おだやかに励まされている感じです。
「大丈夫、大丈夫、大丈夫・・・♬」

⇒ 川島海荷9nine脱退の理由とは?消えた1年間!?






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です