清原和博、弟との絶縁の理由とは?家族も身元引受人もいなく保釈請求しない!?

28er

イラスト:negi

清原和博容疑者は勾留期限の2月23日に起訴された後、早ければ今月内に保釈されるとみられていましたが、関係者は「環境が整っていない」と明かしました。
保釈請求するには身元引受人が必要なのですが、清原氏は周囲と絶縁をしていたため身元引受人が見つからず保釈請求ができない事態に陥っています。
清原和博氏には弟さん、ご両親がいらっしゃいますが身元引受人となりえるのでしょうか?





清原和博氏のご家族

清原和博氏は、父、母、弟さんの四人家族です。

お父さんの洋文さん(78歳)は、清原氏の少年時代には、地元大阪府岸和田で『清原電気商会』を経営されていて清原氏がプロ入り後も仕事を続けたようですが、現在は高齢でご病気を患われているようです。

お母さんの弘子さん(75歳)も難病の上、認知症を患われていて、清原氏のことを息子だと認識できない状態だと言われています。

清原氏には4歳年下の弟、幸治さん(44歳)がいらっしゃいますが、清原和博氏とはずっと以前から絶縁状態にあるといわれています。

桑田真澄さんと同じように何度も薬物や反社会的勢力との関係を断つよう忠告したことにより関係が悪化したものと思われます。

 

清原幸治さんは、高校も兄と同じくPL学園で野球部に所属し、2年でレギュラーになり主将も務められました。

卒業後は青山学院大学に進み、野球を続けています。
2年春からレギュラー、4年で副キャプテンを務めた春の東都リーグでは、リーグ優勝に貢献しました。
この時、ベストナインと最優秀選手に選ばれ、後の大学選手権でもチームは優勝しました。

大学卒業後はパナソニックに入社し、社会人野球で活躍、コーチも務めました。
その後野球からは引退しましたが、アマ球界屈指のスラッガーだったと言われています。

 

清原幸治さんが野球を始めたのは小学校3年生の頃のようです。
体が弱いからと食べ過ぎたら小学2年で肥満児になってしまったので、ダイエットを目的として兄と同じ野球を始めたようです。

最初は嫌々だったようですが、ホームランを打ったことで「野球って面白い!」と感じたそうです。
その後、中学3年ではキャプテンになり中学生シニアリーグ全国大会で準優勝しています。



スポンサーリンク

兄との絶縁

清原和博氏には元妻の清原亜希さんと二人の息子さんがいらっしゃいますが、2014年に離婚が成立し、こちらもほぼ絶縁状態です。

幸治さんもおそらくご家族があるかと思われます。

絶縁でもしないと、その筋の関係者が接近してくる可能性がありますので家族を守るためにもそうせざるを得ないでしょう。

 

清原和博氏と同じく野球選手として優秀だった幸治さんですが、全く事なる人生を送ることとなりました。

実直にサラリーマンとして地に足付けて生きてきた幸治さんと華やかなプロ野球人生を生きた兄、清原和博氏。

金、地位、名誉すべてを手にしながらも自らの手でそのすべて破壊して廃人となってしまった兄を幸治さんは、見元引受人となり見なければならないのでしょうか。

このままだと本人にも周りの方にも大変な苦労が待ち構えています。

 

清原氏の保釈は?

清原氏は周囲のほとんど全ての人と絶縁をしているため、現在身元引受人が見つからず保釈請求ができない事態です。

釈放は早くて3月の上旬か3月いっぱいかかると言われていますが、それも保釈金がある場合に限られます。

釈放される条件は以下3つの場合のようです。

・執行猶予になった時
・保釈が許可された時
・不起訴になった時

釈放とは適法な事由に基づき在監者の拘禁を解くことをいい、保釈とは保証金(保釈金)の納付を条件として勾留中の被告人を一時釈放することをいいます。

保釈が許可された場合は保釈金を払えば釈放となります。

保釈金は、薬物事件の場合だと、一般の人で約150万から200万円だそうですが、清原和博容疑者の場合は反響の大きさや所得などからして、500万円以上は払わなくてはならないそうです。

 

最後に薬物事件で逮捕され、保釈となった芸能人の例を参考にあげておきます。

ASKA氏 【シンガーソングライター】
保釈金:700万円。
約二ヶ月後に保釈。
約三ヶ月半後に懲役三年、執行猶予四年の有罪判決。

酒井法子氏 【元アイドル 女優】
保釈金:500万円。
約一ヶ月後に保釈。
約二ヶ月半後に懲役一年六ヶ月、執行猶予三年の有罪判決。

押尾学氏 【俳優】
保釈金 1000万円。
約二ヶ月後に保釈。
約六ヶ月後に懲役二年六ヶ月の実刑判決。

 

清原和博容疑者は自身で保釈を拒否するかもしれないとの情報もあります。
「拘置所ならマスコミに騒がれることも、家族に迷惑をかけることもない」とも話しているようです。

まとめ
  • 清原和博氏の弟、幸治さんもPL学園で野球部に所属し、2年でレギュラーになり主将も務めた。
    その後も大学野球、社会人野球を続け優秀な成績を収めたが、現在は引退してパナソニックのサラリーマンとして人生を送っている。
  • 幸治さんは兄とは対照的に優秀でありながらも地道な努力で人生を着実に歩んで来ており、薬物や反社会的勢力との関係を断てない和博氏とはずっと以前に絶縁している。
  • 清原和博氏は現在住所不定で、身元引受人が見つからず保釈請求ができない状態で、また保釈金を払えそうにない。

清原和博氏は保釈されても、行くあてもなく、再犯に繋がる可能性が非常に高いです。
本人のためにも周りのためにも、施設内で罪を償い治療をしていった方が良いのでは・・とも思われます。

⇒ 清原和博氏のお子さん達は苗字を変えて転校するべき?

⇒ ATSUSHI、長渕剛も薬物疑惑!?清原の次は元木大介か





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です