巨人清原軍団no2元木大介らメンバーの悪行とは!薬疑惑がある選手は後藤孝志?

rgre234

出典:http://laughy.jp/ nikkan-gendai.com/ blog.livedoor.jp/

清原氏逮捕後問題視されているのが、現役当時『清原軍団』と呼ばれた元木大介さん含む四人のメンバーです。
『清原軍団』とはどのようなメンバーだったのでしょうか?そして四人のその後は・・?





清原軍団の四人とは

清原和博氏が巨人現役の頃、『清原軍団』と呼ばれたのが、元木大介さん、 後藤孝志 さん、福井敬治さん、小田幸平さんの四人です。

この中でリーダー的存在なのが、清原氏の舎弟ナンバー2とも呼ばれた元木大介さんで、後藤さん、福井さん、小田さんには序列のようなものはなかったようです。

『清原軍団』清原氏が自分と同じ関西出身の選手と仲良くしているうちに出来ていったようです。
自らつけた名ではなく、観客から見て試合中や練習中、特にじゃれあっていて仲が良さそうに見えたからつけられた名とも言われています。

元木さんと後藤さんは特に仲が良く、また、高橋由伸現監督や、ローズ選手とも親しかったようです。



スポンサーリンク

清原軍団の悪行?

清原氏が巨人に在籍していた頃は、『巨人の暗黒時代』とも呼ばれ、堀内恒夫氏が監督を就任して排除するまで、傍若無人な振る舞いが続いたと言われています。

本当かどうかはわかりませんが、『清原軍団』は非常に悪い噂が多いです。

気に入らない選手に対して暴言を吐いたり、巨人番記者を恫喝するなどは日常茶飯事で、特に元木大介さんは清原氏が誰かに文句をつける際、常に同調していたと言われています。

新人へのいびりもひどく、グローブを隠したり、タバスコを飲ませるなど、子供じみたことをして、集まってはよく遊び歩き、嫌いな選手の悪口を言って盛り上がっていたとされています。

また清原氏が対戦相手の投手からボールを当てられた際、報復としてボールをぶつけるよう、新人選手に強要していたとの噂まであります。

 

メジャーへ渡る前の松井秀喜さんも誘われたようですが、清原氏と松井さんは元々あまりウマが合わなかったようです。

松井さんは飲みに誘われても、「どうせ女と車の話しばかりでしょ」と嫌がり、周囲に漏らしていたようで、清原さんも「暗いヤツやな、変わっとるわ」と、あまり好きではなかったようです。

また当時新人だった阿部 慎之助さんは清原氏のことを怖い先輩だと言い、一度知人との食事中に清原氏にいきなり呼び出され、急いで駆け付けた事があるという話をしています。

 

しかし、堀内恒夫氏が監督を就任した後、『清原軍団』は徐々に散り散りとなり、メンバーはそれぞれこのような悪い噂があったとは思えない活躍をしています。

 

清原軍団メンバーのその後は?

元木大介さんと仲が良かったと言われる後藤孝志さんは、2005年、戦力外通告を受け現役を引退しました。

この頃、復帰したばかりの原監督の勧めもあり、ニューヨーク・ヤンキース傘下LAのタンパ・ヤンキースにコーチ留学しています。

2007年、北信越BCリーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブの初代監督に就任しましたが、チームは最下位に終わっています。

その後、『J SPORTS』の野球解説かたわら、児童を対象とした野球スクール『TOKYO GUTS』を設立し、子供達に野球を教えています。

それ以降も東海大学野球部の臨時コーチ、ヤンキースのキャンプで再び特別コーチへと歴任、

読売巨人軍の二軍育成コーチを経て、2016年度から巨人に新設される三軍の外野守備走塁コーチに就任しています。

 

有名なエピソードとしましては、ニューヨーク・ヤンキース傘下1Aのタンパ・ヤンキースにコーチ留学中に、ステロイドを容認するかのような発言があります。

 

「 ステロイド・・何でいけないんだろう? もちろん体に良くないことは知っている。  自分の命が縮まるのがわかっていても、自分の成績を上げ、技術を高めるために、 限界に挑戦することが悪いことなんだろうか? それぐらい追求するのがプロなんじゃないかと思う。 間違った考えと言われても仕方がないが、今の私はそう思う。」

このようなことを2006年頃ブログ書いたことで物議を醸しています。

今回の清原氏逮捕で、後藤孝志さんの薬物疑惑が囁かれている原因の一つと思われます。

 

メンバーの一人、福井敬治さんは、2006年、二度目の戦力外通告を受け、現役を引退しました。
野球とは違う仕事に就く予定でしたが、2007年1月に放送されたTBSのドキュメンタリー番組、『バース・デイ』において『プロ野球選手引退を決意するまで』の過程が描かれたのをきっかけに、萩本欽一氏率いる『茨城ゴールデンゴールズ』に誘われ入団しました。(2010年、退団)

2015年には少年野球教室『KIDSベースボールスクール』の代表、及びアマチュア野球チーム『狭山西武ボーイズ』の代表兼監督を務めています。

 

小田幸平さんは2005年頃、阿部慎之助さん、村田善則さんに次ぐ巨人の3番手捕手として活躍していましたが、同年12月FAで巨人に移籍した野口茂樹さんの人的補償として中日ドラゴンズに移籍しました。

その後も谷繁元信選手の控え捕手として働き、ムードメーカーとしても貢献して2014年の引退まで活躍しています。

 

引退後は、フリーの野球評論家として活動するかたわら、名古屋で児童向けに野球教室を主催し、またラジオのパーソナリティとしても活躍しています。

小田幸平さんは、清原氏逮捕後、

「残念だし、悔しい。自分が理想とする野球選手で、優しくて男らしい人。薬の疑惑については雑誌で読んだだけで、聞きたくもないし、そういうことをする人だとも思っていない。」

という内容のコメントをしています。

 

福井敬治さんと、小田幸平さんは、清原氏によくプロレス技をかけられたり、カンチョーされたり、じゃれあうところが現役の頃の楽しげな映像として残っています。

特に小田幸平さんは、相当ひどい『カンチョー』の被害者で、4回も病院に通ったと言っています。
このような目に会いつつも、清原氏のことを尊敬しているようですので、本当に当時仲は良かったのだと思われます。

清原軍団』のメンバーに共通して感じるのは明るく、付き合いやすそうな方々という印象です。
四人の皆さんそれぞれその後活躍をされていますので、薬物使用の可能性は低いのではないかと思われます。

それだけに清原氏の逮捕や、『清原軍団』の悪い噂は残念です。

 

まとめ
  • 清原軍団とは清原氏と同じ関西出身で、試合中仲が良く見えた元木大介さん含む四人のメンバー。
  • 清原氏や軍団は気に入らない選手や巨人番記者に横暴な振る舞いをしていたと言われている。
  • 後藤孝志さん、福井敬治さん、小田幸平さんは『清原軍団』以後も様々な場で活躍。薬物使用の可能性は低い。

元木大介さんが、未だマスコミの前に現れないのが気になりますが、他にも口を閉ざしている関係者は多くいると言われています。
実際には『清原軍団』も球界の薬物汚染も噂ほどではないことをお祈り申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

⇒ 清原和博氏の舎弟と言われた元木大介さん現在は不仲?

⇒ 清原和博氏、弟との絶縁の理由とは?





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です